【効率化】環境を整える事が効率化の第一歩

どうも~こんにちは!

KIKURINです!

 

美味しいアイスコーヒーを毎日たしなんでいます。

ドリップはやっぱりインスタントよりもおいしいですね。

ちなみに僕はもともとコーヒーが飲めないというお話しを昨日もしたのですが、こんな逸話があります。

先日家に遊びに来た友人に自慢のドリップコーヒーを振る舞いました。

その友人は「うっす!!!」と。

美味しいといっていただけるかと思ったのですが、めちゃめちゃ薄いらしいです。

僕が飲んでるのはいったい何だろう・・・・

 

ということで、今日は効率化について少しだけ語っていきたいと思います。

効率化と一口に言ってもたくさんの種類の効率化があります。

その中でも基礎となる考え方?

すぐにでも実践できることについてお話ししていきたいと思います。

 

 

効率化とは?

 

まずは効率化について少しだけ考えていきましょう。

作業の効率化というのは、作業を見直して効率的に行えるような仕組みを作ることを指します。

僕はこの部分が非常に得意でして、様々な作業を効率化しています。

 

例えば、納品作業。

僕は未だに納品作業は自身で行っています。

というのは理由が2つあります。

 

1.納品代行に頼むほど時間的に困っていない。

僕が納品作業をするときはほとんど時間をかけずに行っています。

例えば単純転売で50SKU位の商品で500個ある場合、およそ2時間程で終わらせることが可能です。

これが直取商品でしたら30分~1時間程度で終わりますが・・・

 

何故こんなに早く終わらせることができるのか?

まず大きな違いとして、環境を整えているというのがあります。

納品する日は家の中がぐちゃぐちゃにならないようにかなり整理してから商品を迎えます。

作業台の上はかなりきれいにしていますね。

そして段ボールも基本的には同じ大きさのものを用意し、重ねることができるようにしてあります。

また、カッターやテープなども使いやすくひとまとめにしていあります。

これだけで大分作業時間は変わってくるのではないでしょうか?

 

もう一つの理由としては、納品プランの並び順に画像を出せるようなツールを作成しているというのがあります。

ラベルはSKU順で並んでいるので、そのような仕組みを作るのは非常に簡単です。

商品の画像を見ながらラベルを貼り付けられるので、かなり早くなります。

この二つの工夫だけで相当なスピードで納品ができているのではないかなと思っています。

 

2.納品代行の料金が高すぎる。

この件については過去の記事でまとめています。

【仕組み化】納品代行を使うか悩んでいる方必見

 

納品代行を使わずに自分で納品しても負担にならない環境づくりをすることで、実際にスピーディーに納品することができるようになっています。

 

 

環境を整える

 

環境を整える事が大切な理由は先程の納品の例を見ていただいてもわかるかと思います。

決して外注化することだけが効率化とは限らないのです。

 

その他にも細かいお話しをします。

僕はAmazon輸入を始めるにあたって最初にやったことがあります。

それがまさにPC環境を整えるという事でした。

 

ではPC環境を整えるというのは具体的にどんなことをしたのか?

まずPCの性能を上げました。

CPU:Core i7

SSD内蔵

メモリ16GB

ここまでの性能が果たしてアマゾン輸入で必要かはわかりませんが、僕はこのくらいの性能があってよかったといまだに思っています。

 

次にPC周辺を充実させました。

具体的には長時間座っても疲れないと有名なエルゴヒューマンの購入、右手で色々な作業をできるようにボタンがたくさんついたマウスの購入、テンキーの購入、画面を広く使えるようにモニターを導入、電卓 等々・・・

総額20万円程でしょうか?

20万円を環境の構築に費やしました。

しかしこの20万円の環境づくりは決して高くないと思います。

 

例えば、リサーチ中に疲れてしまえば1日5時間くらいで終わっていたかもしれません。

リサーチ中にマウスが使いにくければ、通常1時間に100商品見れたものを50商品しか見れないかもしれません。

モニターも同じですね。

 

環境を作ることがこれほど大切な事ですので、まだ環境づくりができていない方は是非色々と導入してみてください。

【設備】Amazon輸入のリサーチ集中力高めるアイテム5選

こちらに実際に使っているものを写真付きで紹介していますので、よければ見てみてください!

 

 

少しだけ計算をしてみた

 

単純転売でリサーチをする際に、100商品見た場合何商品くらい利益の取れる商品が見つかりますかね?

僕が昔やってた頃は100商品見たら2商品くらいは基準値を超えた商品だったような記憶があります。

では100商品のリサーチはどのくらいで終わらせることができますかね?

環境が整っていない場合、約3時間はかかると思います。(勝手な憶測ですが・・・)

しかし環境が整えば1時間もかからずに100商品のリサーチは完了します。

30分で行けるかもしれません。

※ちなみにここでいうリサーチは手作業のリサーチです。

 

見てる商品、やり方は大体同じなので、基準値をクリアする商品の割合は同じになります。

100分1なので約1%の商品が基準値をクリアする商品です。

では1日に500商品リサーチすれば、5個は見つかることになります。

更に1日に1000商品のリサーチをすることができれば10個は基準値をクリアする商品が見つかります。

 

商品知識がない前提でお話しすると、環境が整っていない方の場合、1000商品のリサーチをするのにかかる時間は約30時間かかり、環境が整っている場合は、5時間で終わります。

消費知識があれば飛ばせるのでもっと時間は短縮していきます。

 

まったくゼロから始めた場合、1万商品くらいリサーチするとだんだん慣れてくると思います。

環境を整えていると1万商品のリサーチに掛かる時間は約50時間。

整えていない場合は約300時間かかります。

 

1日5時間働くと仮定すると、前者は5日で終わり、後者は60日かかります。

 

たった1万商品のリサーチでここまで大きな差が生じてしまうのです。

効率化って恐ろしいですね・・・

 

結構極端な例でしたが、ある程度効率化を考えた環境づくりはこれほど大切な事というのはご理解いただけましたでしょうか?

 

 

終わりに・・・

 

僕はAmazon輸入を始めた当初から効率化についてかなり勉強してきました。

しかし効率化に特化した方が周りにいなかった為、独自に色々な知識をため込んで、今のスタイルに落ち着いています。

まだまだ課題はたくさんありますし、やりたいこともたくさんあります。

僕自身が完成しているわけではないし、全てを完全自動化する気もありません。

なぜかというと、仕事を効率化して時間ができてもその時間を有効活用できないということに気が付いたからですw

ただ時間はかかりますが、完全自動化をさせることも可能だとおもっています。

是非みなさんもその状態が見えるまで効率化に励んでみてください。

 

 
今日の記事が面白いと思った方は、是非ポチってください。


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

 

PS.コンサルの募集をしています。

内容はこちらがメインとなるかと思います。

話し合いの後に決定したいと思います。

気になる方はご連絡ください。