【仕事効率化】ExcelでVBAマクロを超簡単に組む方法

どうも~こんにちは!

KIKURINです!

 

毎日毎日新規登録の嵐・・・

ヤフーショッピングの構築が楽しすぎてやめられませんw

外注化できることもたくさんあるのですが、自分でやっていて楽しい仕事はなかなか外注化したくないもんですね。

本当に非効率とわかっていても、辞められないw

【仕事効率化】なんて記事書いてる人がやる仕事ではないと思いますw

 

ということで、今日は超簡単に超簡単なマクロの組み方をお伝えしたいと思います。

知っている人も多いとは思いますが、中にはあまりパソコンに詳しくない方もいるかと思いますので、ご紹介したいと思います。

これを覚えると単純な作業はかなり簡単になりますので、是非ご自身で応用して使ってみてください。

 

 

VBAとは?

 

まずはVBAとはなんなのかをざっっっくりご説明したいと思います。

VBA【 Visual Basic for Applications 】 とは、Microsoft Officeに含まれるアプリケーションソフトの拡張機能で、利用者が簡易なプログラムを記述して実行することで複雑な処理の自動化などを行なうことができるもの。また、そのために用意されたプログラミング言語。

Microsoft社のOfficeシリーズのソフトウェアの一部であるWordやExcel、Access、PowerPointなどで利用できる機能で、同社のプログラミング言語および実行環境であるVisual Basicの簡易版を用いてプログラムを作成することができる。これらのソフトウェアの動作の一部を変更したり、繰り返し行われる定型的な作業や複雑な処理を自動的に実行することができる。参照

 

ちょっとわかりづらいかと思います。

簡単に説明すると、Excelで使える便利機能と思ってください。

単純な作業の繰り返しなどをボタン一つで行う事が出来るようになるシステムを構築するための言語です。

マクロというものに対する理解があると非常に理解しやすいかと思います。

 

マクロとは?

マクロというのは、組み込んだプログラムのことを指します。

Excelにはすでにいくつかの機能がありますよね?

「グラフ」「ピボットテーブル」「オートフィルター」など・・・

それらの機能の事を「マクロ」と呼びます。

 

上手く表現するのが非常に難しいのですが、PCを立ち上げるときに僕たちは単純に電源スイッチを押してるだけです。

それだけでデスクトップまでいくことができて、勝手にネットまで接続してくれますよね?

しかしPC内ではこんなことが起きてます。(あまり詳しくないので憶測です)

スイッチが入る→HDDに接続→OSを起動させる→マウスやキーボードと接続→パスワードを入力する画面を起動させる→デスクトップ画面を起動→ネットに接続→ウィルスバスターなど起動

ほんの一例だけでこれだけの作業があります。

恐らくパソコンの起動だけでこれの数十倍数百倍の作業があるはずなのです。

しかし、僕等はスイッチを「ポチー」で済みますよね?

これらのまったく同じ作業を手作業でやっていたら起動だけで時間が掛かるのは、だれが見ても思うことです。

これらの一連の流れを「マクロが組まれてる」といいます。

 

わかりづらかったり間違えてたらすみません・・・

 

結局VBAって何?

ここまでご説明しましたが、結局のところVBAの意味がよくわからない方も多いかと思います。

VBAというのは、マクロを組むためのプログラミング言語のひとつです。

プログラミング言語は色々ありますよね?

C+、JAVA、JavaScript等々・・・

それらの言語の中の、マイクロソフト社が独自に開発した、マイクロソフトオフィスで使えるプログラミング言語の事を「VBA」といいます。

 

ここまで来たら「マクロってめっちゃ便利だ!」って思うかと思います。

それと同時に「超難しそう」と感じるかと思います。

しかし!!

今回はこのマクロを超簡単に組む方法をお教えします!

 

 

簡単なマクロの組み方

 

まずはExcelを開いてください。

上のタブ一覧に「開発」タブがない方はこちらを参考に表示させてください。

 

本日はマクロで簡単に納品プランを作成する方法をおつたえします。

みなさんの管理表はどのようなスタイルかはわかりませんが、恐らくこのような管理表があるかと思います。

管理表にマクロを組み込むとすごく楽になると思います。

まずは開発ボタンを押してください。

「マクロの記録」をクリックしてください。

このような窓が出てきたら、マクロ名に適当に「納品プランの作成」などと名付けてみてください。

今後マクロが増えた際にわかりやすい名前にしとくといいですね。

「OK」を押したら、マクロの記録が始まります。

ちなみに「マクロの記録」とは、記録を押してから記録終了を押すまでの手作業で行った一連の作業を記録してくれる素晴らしいツールです。

 

まずはSKUを選択し、コピーします。

 

 

 

 

 

 

 

予め隣のシートにAmazon納品プランのテンプレートを用意しておきます。

そのプランの「MerchantSKU」のところに先ほどコピーしたSKUを貼り付けます。

 

 

 

 

 

 

次に元のシートに戻り、数量を選択しコピーします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

納品プランテンプレートに移り、「Quantity」のところに貼り付けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

次のにテンプレート上部の情報入力のところに順番に入力していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまで出来たら、名前を付けて保存します。

保存する際は、所定の場所を選択し、「テキスト(タブ区切り)」を選択します。

名前はなんでも大丈夫です。

毎回この名前で保存されます。

ここまでできましたら、マクロの記録の終了を押して終了します。

 

これでマクロは完成です!

 

マクロを起動するボタンを作ろう!

 

次はマクロを起動するためのボタンを作成します。

開発タブにある、「挿入」をクリック。

左上の四角のボタンをクリック。

このようにボタンを設置したい範囲を指定。

ボタンに名前を付けます。

 

その後、どのマクロを登録し、起動するのかを選択します。

今回は先程名付けた「納品プランの作成」を選択してください。

「OK」を押すと完了です!

 

これで今度からは面倒な納品プランの作成を一発で行い、更にCSVで保存してくれるマクロが完成です。

 

番外編

 

ここまでやってみて、「おおおおお!すげーーー!!!」

「たのしーーーー!」

と思った方!

是非それ以上勉強して、今回のマクロをいじってもっと便利なものに仕上げてみてください。

     

今回のマクロは非常に簡単なコードが組まれていますが、多少勉強すればあとは組み合わせになりますので、関数を勉強するようなイメージで少しだけタブについて勉強すると一気にマクロが組めるようになってくると思います。

是非是非挑戦してみてください。

 

ちなみに同じような方法で商品登録シートも作成することが可能になります。

更にちなみにですが、AmazonMWSAPIを使用することで、管理表から直で商品登録や納品プランの作成ができるようになります。

さらにさらに!!

MYUSの到着チェックなんかもマクロを組むことで簡単にすることができます。

 

 

終わりに・・・

 

本日お話ししたことはマクロの本当に触りです。

今回「すげーこれで少し楽になる!」と思った方は少なくないと思います。

 

冒頭でPCの「起動時に裏でこんな事が起きてます。」という話をしました。

もうすでにプログラムされたPCしか売っていないので当たり前のように電源が付きますが、昔はすべて人が手で行っていました。

ちょっとだけ考え方を変えてみてください。

 

今あなたが手作業で行っている事。

数年後にはシステム化されているかもしれないんです。

いや、すでにシステム化している人が何人もいるんです。

一日2時間かけて行っている作業を、ある人は2分で済ましている人がいる可能性があるということです。

この事実をどう受け止めますか?

 

Amazon輸入で一番大切なことはなんでしょうか?

◇リサーチ?

◇営業?

◇販路を増やす?

◇広告の勉強?

色々あるとは思います。

それぞれの環境によって大切なことは変わります。

しかし、これらは時間がなければできません。

時間は仕組み化でいくらでも作れます。

時間を作れる人、時間を作れない人。歴然な差が産まれるでしょう・・・

今回の件をきっかけに是非時間を意識してみてください。

 

 

 

 
 
では本日も最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

今日の記事が面白いと思った方は、是非ポチってください。


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

 

PS.コンサルの募集をしています。

内容はこちらがメインとなるかと思います。

話し合いの後に決定したいと思います。

気になる方はご連絡ください。