【イベント】HIRAIさんのAmazon輸入差別化セミナーに参加して

どうも〜こんにちは!!

KIKURINです!

 

昨日HIRAIさんの差別化セミナーに参加してきましたので、その様子や勉強になったことをまとめたいと思います。

 

 

新しい発見

 

今回HIRAIさんに初めてお会いして思ったことは、「すごくいい人」ということです。

僕は他のかたのブログやメルマガをあまり登録していなかったので、失礼ではありますがHIRAIさんのことをよく知りませんでした。

ただ、僕の周りにはHIRAIさんと関わりのある方も多く、噂には聞いていました。

その噂通りの、物腰柔らかいすごく良いか方という印象をうけました。

喋り方もすごくうまく、セミナーなどを開催する際の勉強になりました。

 

今回のセミナーは心構えとノウハウの2つの部門に分かれており、今回特に勉強になったのは心構えの部分です。

内容としては、新しい発見のある内容ではありません。

よく耳にする内容ばかりです。

しかし、当たり前のことではありますが、それを意識しているかどうかと言われると、今はそこまで意識していない自分に気づくことができました。

これが今回の新しい発見です。

この部分を見つけることができたので、あとは改善するだけです。

それを気づかせてくれた今回のセミナーは非常に有意義な時間になったのでは無いかと思います。

 

ノウハウに関しては、初心者には非常に響く内容となっていたと思います。

ある程度経験のある人にとっては、当たり前の内容でした。

ただ、喋り方や説明をする時の例えが非常にわかりやすく、僕も人に説明したりすることが非常に多いので、その点は非常に勉強になりました。

 

 

懇親会について

 

セミナー終了後にHIRAIさんは懇親会の席を用意してくれていました。

そちらに僕の同席させていただいたのですが、普段交流の無い方とお話する機会はそうそう無いので、そういう方たちとお話をさせていただき、たくさんの情報を吸収することができました。

今回は中国輸入実践者が多く、半分くらいが中国輸入プレイヤーでした。

また、中国にてOEMをやられている方が多く、月利100万くらいが平均値と、非常にレベルの高い懇親会でした。

 

僕は今まさに中国輸入を開始しようと思っているとこですので、興味深いお話をたくさん聞くことができました。

HIRAIさんは皆さんと平等に話をするために、自ら席を移動して歩いていました。

僕の席の近くに来てくれたときに、結構突っ込んだ質問を何度かさせていただいたのですが、全ての質問に対してものすごく丁寧に答えてくれたことが非常に印象的です。

 

「最終目標はなんですか?」と伺ったところ、「自分に関わりを持って幸せになる人を増やしたい」ということでした。

僕のような見ず知らずの人に変な質問をされても、しっかりと答えてくれることに正直びっくりしました。

 

しかも「幸せになる人を増やしたい」という言葉は僕もものすごく共感ができ、勝手に親近感を感じていました。

少しだけ「セミナーはどうせバックエンドしかないんだろうな」という気持ちを持っていた自分が恥ずかしいです。

 

懇親会は2時間程度でお開きになり、2次会に参加しました。

僕は基本的に2次会までは参加するようにしています。

2次会では人数が減り、より濃密な情報が飛び交います。

 

今回はHIRAIさんの助手的な方の隣に座らせていただいたのですが、裏話が聞けてものすごく面白かったです。

2次会に参加しながら思ったことがあります。

「物販をしている人はキャラや個性が濃い人が多い」

これはおそらく、物販をやっている人が特別キャラが濃いわけではなく、本来すべての人がそれぞれの個性が有り、キャラが濃いのでは無いかと考えています。

社会に出るとどうしても自分を抑制するように学びます。

またそれが美徳とも言われます。

逆に個性を強くしすぎると、なぜかハブられたりします。

しかし個人で仕事をしていると、それらを抑制する人がいません。

そのためにありのままの自分がでているのではないか。

そんなことを見つけることができましたw

 

 

まとめ

 

今回のセミナーには参加して本当に良かったと思っています。

また、このような機会を設けてくれたHIRAIさんには感謝しています。

もっともっと積極的にこのような場に顔を出していきたいとおもった所存です。
では本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今日の記事が面白いと思った方は、是非ポチってください。


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

 

PS.

通常コンサルの枠が若干ではありますが空きました。

先着順ですが、ご興味のある方がおりましたらご連絡ください。