【新規登録】Amazon輸入 新規登録について色々と考察&検証してみた

どうも〜こんにちは!

KIKURINです。

 

雨続きでジメジメしますが、珍しく仕事に精をだしていますw

今日はここ最近Amazonでの新規登録について考えていたことを書いていきたいと思います。

 

 

新規登録のメリット・デメリット

 

デメリット

まずはデメリットからお話していきます。

・時間が異常にかかる

・商品ページ作成だけでなく、日々のメンテナンスが必要

・トライ&エラーの繰り返し

・売れなければその労力が実らない

・少量に集中しなければいけない などなど

 

デメリットはたくさん有りますね・・・

 

新規登録は「難しそう」というイメージからなかなか手が出せない人が多くいると思います。

確かに難しいのはもちろんですし、ヒット商品を生み出すこともそう簡単ではありません。

また、やらなければいけないことが山ほどあるので、かなり億劫になってしまうのも一つ要因だと思います。

 

Amazonの相乗りシステムが非常に優秀なので、Amazonに依存している間は新規登録をしなくても十分に稼ぐことができます。

ただし、相乗りだけではAmazonで相乗りだけで稼ぐのが難しくなると、商品の販売プロセス・技術が身についていないので、他販路では稼ぐのが非常に厳しくなります。

ただこれに関して僕の考えをいうと、「そうなったらそうなったときに考えればいい」と思っています。

「そんな考えだと、競合がどんどん知識をつけておいてかれる」という反論が聞こえてきそうですが・・・

「やりたい」もしくは「やらなければいけない」状況にならないと人は動けないので、無理に「やったほうがいいよね」と思うことをやろうとしても身につかないのが現実です。

効率を誰よりも重んじる僕の意見としては、そんな非効率なことはしないほうが良いと思います。

 

でも、今日はこんな事を言いたいわけではありません。

新規登録のいいところをお話し、皆さんに「やりたい」と思ってもらい、実践してもらい、あわよくば意見をいただきたいと考えていますw

新規登録はこれだけの労力がかかりますが、逆にメリットもたくさん有ります。

 

メリット

・利益率がものすごくいい

・商品ページを自信で作成するので、商品知識はもちろん、Amazonのシステム的な知識や規約の知識がつく

・競合排除をするために工夫することで、知識がつく

・とにかく美味しい

・単順に楽しい

 

僕はデメリットよりもメリットの方がすごく魅力的に見えるので、新規登録はたくさんしています。

まだそこまでの大ヒット商品を登録した事はありませんが、そこそこのヒット商品は経験があります。

やはり利益率がものすごく良く、何よりも一人で販売していくことが可能なので、Amazon上での売れ行き=自分の売れ行きに直結します。

 

例えば、5000円の商品で、利益率が40%の商品があったとします。

1つ売れるたびに2000円の利益です。

これが月に30個売れるだけで、6万円の利益になります。

仕入元は確定しているので、リピートは一瞬で終わります。

この商品ページの構築に10時間費やしたとしても、時間対効果はものすごく良いものになりますよね?

更に簡単に相乗りできないようにすると、一人で毎月6万円を総取りです。

 

ここから月に売れるおおよその個数がわかったら、年間○○ドル分購入するので・・・という形で話を持っていくことができます。

これが独占契約の一番リスクのない方法です。

 

 

新規登録商品を見つける

 

新規登録で肝になってくるのが、商材選定です。

このリサーチが実はすごく難しいです。

 

考え方としては2種類!

1.すでに売れている商品の類似品

2.まだ日本で販売されていない商品

 

最初は1番の考え方で登録していくのが良いですね。

例えば、すでに売れている商品の色違いを登録したり、すでに売れているブランド商品のブランドから検索を掛けて登録をしたりする方法です。

もしくは正規品ページがあった場合、並行輸入品を登録するのも一つの手ですね。

型番商品なので、検索からの流入が多くなり、売れやすい傾向にあります。

人気商品であれば、特に工夫をしなくても売れます。

 

次に日本に来ていない商品ですが、こちらはかなり難しくなります。

無名なブランドや、ノーブランドの商品を人に知ってもらわなければいけないわけです。

ここで重要になってくるのが、商品力です。

商品に力がなければ頑張って売ろうとしても正直難しいです。

価格で勝負するしかないですね。

 

商品力があり、商品を魅力的に感じることができることが第一条件になります。

ではそのような商品はどのように探すのでしょうか?

まずは単価の安い中国商品で挑戦することをおすすめします。

https://ja.aliexpress.com/

こちらのサイトでは日本に直送&送料無料で送ってくれます。

大体の商品は日本で登録されていますが、たまに登録されていない商品もあります。

より魅力的な商品を探し、登録の練習をしてみてはいかがでしょうか?

 

 

テクニック

 

商品登録は、多少のテクニックと、知識、トライ&エラーが非常に重要になってきます。

 

例えば、商品の検索流入を増やすためにスポンサープロダクトにかけ、その結果を分析して流入の多いキーワードを商品名に入れたり、レポートをしっかりと活用する必要があります。

知識の面で言えば、世の中にはどのような広告があり、その広告を利用するとどのくらいの費用、効果が上がるのかを知っていると、知っていない人に比べるとかなりの差が開きます。

また、規約を熟知していれば競合が入ってこないようにするための施策を打てます。

これが規約違反だった場合、Amazonからおしかりを食らうことになります。

 

テクニックの面でいうと、リサーチをされたときにモノレートにランキングデータを表示させないなどの方法があります。

僕はこの方法を完全に把握しているわけではありませんが、おおよその仮設を立てることができました。

それは「一部のカテゴリ商品に対して、複数のバリエーション登録をする」ということです。

ほぼ確信に近いのですが、まだどのカテゴリがそうなるのかという部分はしっかりと把握できていません。

わかっていることで言えば、「ファッション系のアパレル商品・スポーツ系商品」です。

スポーツ系商品もアパレルといえば、「アパレル商品」と一括りにできるでしょう。

 

ちなみにカテゴリによってはできるものとできないものがあるという話を、いつもお世話になっているさかもとさんから聞きました。

さかもとさんは関係者に確認しているので確かな情報です。

 

この辺の検証がまだすべてできていないので、情報がある方は是非ご連絡くださいw

 

このように知識は最大の武器になります。

僕は他のかたのブログをたくさん読んでいるわけでもありませんが、自然といろいろな情報が入ってきます。

何故かと言うと、オフラインのイベントにたくさん参加し、色々な方とお話しているからです。

オフラインイベントは本当に大切なので、たくさん参加してみてください。

 

 

終わりに・・・

 

他にもたくさん書きたいことがありますが、今日は長くなってしまったのでこのくらいで終わります。

不定期更新になってしまっていますが、3日に1回は更新できるよう努力しますねw

いつも読んでくださる皆さん、本当に有難うございます。

 
では本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今日の記事が面白いと思った方は、是非ポチってください。


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

PS.中国輸入勉強会ですが、人数が集まらなかったので延期とさせていただきます。

来月開催しますので、興味のある方は是非ご参加ください。

質問は随時受け付けております。