【心構え】なんの為に働くのか・・・

どうも~こんにちは!

KIKURINです!

 

僕はカブトムシなのかもしれません。

生きるためにスイカを食らい、寝るために布団に潜る。

そんな生活をしています・・・

 

さて、今日は意味深なタイトルですが、僕が最近思う事をダラダラ書いていきたいと思います。

 

 

働くとは?

 

働くというのは、賃金やお金を得るためにする活動だと思いますが、世間一般的には「働く=つらい」という方程式があります。

これを言い換えると、「お金を稼ぐ=つらい」もしくは、「つらい事をする=お金を稼げる」。

「お金を手にすると幸せ」

全員がこのように考えているとは全く思いませんが、このように考えている人が少なからず一定数はいると思います。

現に僕の周りでもこのように考えている人は数名おります。

 

僕はそこまで大きく稼いではいませんが、少ない経験と少ない脳みそで色々と考えてみました。

 

 

「働く=つらい」

 

まず世間でいう「働く=つらい」という方程式ですが、本当につらいのか?

これについて考えてみます。

インターネットの普及により、個人でも稼げるようになってきた現代で、つらい思いをしながら働いている人がいる傍ら、自分の好きな事をして稼いでいる人もいます。

これはどのような違いでしょうか?

 

つらいと嘆きながら働いている人の多くは、サラリーマンかなと思います。

そんな中、サラリーマンでも「仕事が楽しい」といっている人もいます。

また、自営業を営んでいる人の中にも「つらい」と嘆きながら働いている人もいれば、「楽しい」とワクワクしながら働いている人がいます。

 

この違いは何でしょう?

 

僕はどちらかというと、何事にも楽しみながら生きていきたいという考え方ですので、「仕事=つらい」よりも、「仕事=楽しい」の価値観の方が強いのかもしれません。

 

僕が思うに、一番の違いは「やりがいを感じているかどうか」だと思っています。

「今日の仕事は疲れたけど、やってよかった!」と思える人と、「今日の仕事はつらかった」で終わってしまう人。

もし仮に100人の人間が同じ仕事、同じ作業をした場合、おそらく2つの意見に分かれると思います。

ではこの違いはなぜ、どこから来るのでしょうか?

 

例えば、リサーチを2時間やったとします。

「儲かる商品が10個見つかった!やったー!!明日も頑張るぞ!」と思う人。

「リサーチつらかった・・・ハァ。今日みたいなことを明日も明後日も、5年後もやるのか・・・ハァ」と思う人。

同じ成果を出してもこのように分かれると思います。

 

コンサルをたくさんしていると、このようにはっきりと分かれることに気づきました。

この両者の違いを細かく見ていくと、大きな違いが見えてきました。

 

まず「儲かる商品が10個見つかった!やったー!!明日も頑張るぞ!」と思う人は、1年後の自分(将来の自分)を見つめていました。

一方、「リサーチつらかった・・・ハァ。今日みたいなことを明日も明後日も、5年後もやるのか・・・ハァ」と思う人は、今の自分を見つめています。

 

要は未来の幸せをみつめているのか、今の幸せをみつめているのかの違いです。

「将来自分は幸せになるぞ!そのためには、今のつらさなんて関係ない!」というスタイルと、「今自分は幸せじゃない。」というスタイルです。

つまり、目標に対する目的がはっきりしている為、何としてもそこにたどり着きたいと考えているのではないでしょうか?

 

目的←〇〇をしなければ叶わないor〇〇をすれば叶う←〇〇をする為に××を選択

目的を達成するために計画を立てることが目標だと思います。

このような図式が成り立っている人は、サラリーマンであろうと、個人事業主であろうと「仕事を楽しむ」ことができているのではないでしょうか?

 

ちなみに「目的」に関しては大抵これに値すると思っています。

「自身の幸せ」

幸せの形は人それぞれあるので、目的が違うように見えますが、突き詰めて考えていくと、「自身の幸せ」の為のものになるのではないでしょうか?

 

 

お金があれば幸せ

 

お金があれば幸せになれるのか?という話は色々なところで聞きます。

僕もその話題に参加することもありますが、僕個人の意見では「お金だけでは難しい」と感じています。

僕はそこまで大きなお金を手にしたことがないのでわかりませんが・・・

 

ただ、僕は物販を始めたことをきっかけに、昔よりは所得水準が大きく変化しました。

生活水準が上がるかというと、実は下がっています。

昔は、「お金に余裕があれば〇〇したのにな~」なんて思っていたことでも、実際にその金額が負担にならないくらい稼いだとしても、それをやらないのです。

必要なものは必要なだけ購入しますが、不必要なものはほとんど購入しません。

僕は大金を手にしても、おそらく無駄遣いはほとんどしないと思います。

 

ではどうすれば幸せなのか?

僕はお金に窮屈せずに生きて、たくさんの仲間といれればそれだけで幸せなのかな?と思っています。

更に付け足すと、「欲しいものが常にある状態」すなわち、それを手に入れられないくらいの所得水準で十分満足できるということです。

要は物欲がないゆとり世代なのかもしれません。

 

しかし、幸せの形は人それぞれ違います。

もしかしたら幸せをお金で解決できるかもしれません。

その人は単純に欲しいもの、事の水準が僕よりも上という事です。

 

それを手に入れられる人は、そこに誰よりも羨望することで、絶対に手に入れようとします。

つまりそういう人は優秀なのではないでしょうか?

 

しかし、それを求めているのになかなか努力できない人がいるのも事実です。

これは何を意味しているのか考えてみました。

僕が出した結論は、「今の幸せ(お金が絡んでいないこと)を崩してまで、それを求めていない」のではないでしょうか?

お金が絡んでいないことというのは、例えば対人関係だったり、環境だったり、色々あると思います。

 

何がいいたいのかというと、「お金があれば幸せ」と思っている人は、自分で「今が幸せ」ということに気づかず、自分自身で幸せではないと決めつけ、それはお金が解決してくれると思い込んでいる可能性があります。

自分では気づいていないけど、お金以外の要因で今が幸せだから、お金で得られる幸せをそこまで求めていない→努力できない。

このような図式が成り立つのではないでしょうか?

 

 

KIKURINはなんのために働く?

 

ここまでお話ししてきて、お金の為に働いているわけではないのなら、なんで働くの?と思う方もいるかもしれません。

僕は現在月に1時間も働けば30万円~50万円程稼げる仕組みを作り上げました。

正直これだけで生活は成り立ちますが、これ以上のことをしようと現在奮起しています。

なぜこれ以上伸ばそうとしているのか?

僕もここについてはしっかり考えたことがなかったので、今回考えてみました。

 

まずは自分が働く理由を箇条書きしてみます。

  • 今の幸せ(生活)を維持する為
  • 新しい「楽しい」を発見する為
  • 人に認められること、褒められることがものすごくうれしい

 

今の僕の原動力はこの3つかもしれません。

 

働く理由を考えていたら、自分が欲していたものも同じだったのかな。とふと思いました。

 

 

終わりに・・・

 

今日の記事は誰かのために書いたわけでも、誰かに見てもらいたいから書いたわけでもないので、非常に意味の分からない記事になってしまいました。

すみません、僕の頭の中の妄想です・・・

そんな妄想してないで働け!

そんな声が聞こえた気がしたので、僕は明日もせっせと働きたいと思いますw

 
では本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今日の記事が面白いと思った方は、是非ポチってください。


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

 

 

P.S.

7月からの通常コンサルの予約ですが、たくさんの方から応募いただき、募集終了致しました。

8月からの年末商戦コンサルの先行予約に関しましても募集は終了致しました。

惜しくも漏れてしまった方、大変申し訳ございません。