【基礎知識】ビジネスをする上で、リスクと付き合っていくことが大切

どうも~こんにちは!

KIKURINです!!

 

昨日税金の勉強会にて講師を務めていただく税理士さんと、打ち合わせをしてきました。

先生とは何かしら理由を付けてお会いしています。

その理由は、僕は先生がすごく好きで、経験も豊富でお話をしていてすごく楽しいからですw

打ち合わせ時も、約4時間居酒屋にいたのですが、勉強会の話は5分ほどで終わりました。

やっぱり大切にしたいのは、「人」ですね。

 

さて、今日は「ビジネスをする上で、リスクと付き合っていくことが大切」というテーマでブログを更新したいと思います。

僕なりの考え方ですので、「へぇ」くらいの気持ちで読んでいただければ幸いです。

 

 

リスク回避ばかりに目がいってしまう

 

ビジネスをしていると、「失敗したくない」という気持ちから、リスクがあるものに対して回避しがちです。

こうなったら怖いからやめとこう

このように考えたことは誰しも経験があると思います。

 

人は現状を変えることをすごく嫌がります。

安定を求めてしまうのが、人間の性というのでしょうか?

現状が変わる一番大きな要因は、「何かを失う」ことだと思います。

 

輸入ビジネスで例えると、「この商品を仕入れたら税関で止まる可能性がある」という商品を普通は仕入れたがりません。

理由としては、日本に入れることができないので、損失がうまれ、結果的にお金が失われます。

何かを失うことで、安定が壊されることが怖いのではないでしょうか?

 

しかし、少しだけ視点をずらしてみてください。

先ほどのリスクのある商品を、何とかして合法的に日本に入れることができた場合、大きな利益を生む可能性を秘めています。

多少の手間がかかるため、参入障壁ともなり得ます。

ということは、仕入れないという判断をしたことによって、大きな可能性を失っているのです。

 

実はどっちの判断をしても、何かしらを失っていることに気づきませんか?

 

しかし、このような考え方ができない場合、可能性を失っていることにすら気づきません。

ですので、結果的に冒頭でも述べたように、リスク回避をすることばかりに目が行っている人がすごく多いのが現状です。

 

 

リスクを回避するのではなく、リスクと向き合う意識

 

先ほどの例で、税関で止まる可能性のある商品があったとします。

その場合、税関で止まると予想できたのは、法律についての知識があるからだと思います。

要はリスクを把握しているからこそ、仕入れないという判断に至りました。

 

では、関連商品は日本で販売されていないのでしょうか?

例えば食品衛生法関連商品。

日本でも輸入商品はたくさん売られていますね?

これは税関で止まり、厚生労働省に適切な資料を提出することができているので、日本での販売がみとめられています。

検査が必要になるケースもありますが、果たして検査費用がどのくらいかかるか、おおよその数字がわかる人がどのくらいいるのでしょうか?

知っている人は非常に少ないと思います。

 

つまり何が言いたいのかというと、リスクがあるという事を知っているということは、そのリスクに対して何かしらの対策を打つことができるのです。

しかし、大多数の人はリスクに対しての対策として、その商品を仕入れないという選択をしています。

これは非常にもったいないなぁと感じます。

 

 

自分が面倒と思うことは、大体みんなが面倒と感じている

 

ここまで読んでいただいた方は、「そんな面倒なことは出来ない」と思っている方も多いかもしれません。

自分が面倒だなと感じることは、他の人も面倒と感じるものです。

 

僕のように能力のない人間が、他の人と差別化を図れるところはどこでしょう?

僕はこれについてかなり考えました。

 

人が面倒と思う事を積極的に行う。

 

僕のように能力のない人間が、これほどまでに簡単に差別化を図れることが他にあるのでしょうか?

例えば、英語が多少しゃべれるとしても、英語を喋れる人はたくさんいます。

画像加工が非常に上手だとしても、同じように画像加工をプロ並みにできる人はたくさんいます。

 

何かの強み+面倒と思う事を積極的に行うことで、非常に大きな差別化を図れます。

 

僕がいつもお世話になっているTomoさんという方がいます。

Tomoさんは、英語を話すことができるのですが、それ以上にコミュニケーションをとることを積極的に行い、たくさんの取引先を構築されています。

利益にしか目がいかない人からすれば、コミュニケーションをとるということは非常に面倒な作業です。

Tomoさんは英語という強みと、他の人が面倒臭がる「コミュニケーション」を積極的に取ることで、英語の強みを最大限に活かしているのです。

みんなが面倒と思う事を、「楽しんでいる」ので、更に大きな差別化を図ることができています。

 

つまり僕が伝えたいことは、

「リスク回避をする理由として、単純に面倒だからやらないという判断をせずに、積極的に挑戦したほうがいいのでは?」

ということです。

 

 

終わりに・・・

 

どんなことでも言えるのですが、ハイリスクのものはハイリターンが待っています。

株やFXでもそうですよね?

リスクのあるものから避けてばかりいるのではなく、しっかりと立ち向かえるだけの知識を付け、差別化を図っていくことで、稼げるようになると思います。

まずは、自分が面倒と思って先延ばしにしていることを、この機会に「今すぐに」やってみてください。
では本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今日の記事が面白いと思った方は、是非ポチってください。


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

 

P.S.

現在コンサルは募集していませんが、7月から募集します。

コンサルの目標達成率の高さから、たくさんのお問い合わせ、ご要望を頂いています。

枠は非常に希薄な募集になりますが、予約を受け付けたいと思います。

というのも、僕のコンサルは準備期間を設けるため、応募直後から開始することができないことが多いです。

なので、予約をしていただいた時点から、準備を進めていただき、7月に入ったと同時に開始できる体制を作りたいと思っています。

コンサルについての詳細はこちらより御覧ください。