大変な事になりました。【※閲覧注意】

こんばんは。

本日2回目の投稿となります。

完全にプライベートな事ですが、非常事態になりましたので、ご報告をさせていただきます。

 

この先はかなりショッキングな内容になります。

責任をとれませんので、ご自身の責任で閲覧してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

非常事態というのは端的にいうと、

「命が危ない」

ということです。

 

今もキーボードを打ちながら手の震え、鳥肌、嘔吐が止まりません・・・

 

今日なにが起きたのかというと、見てはいけないものを見ました。

いわゆる、みんなが言っている「幽霊」というものです。

その幽霊が普通の幽霊ではありませんでした。

 

いままでほとんど誰にもしゃべったことがないのですが、小さいころに5年ほど見えてた時期があります。

幼稚園から小学校4年生くらいまででしょうか?

初めて見えたのは、幼稚園の教室内です。

幼稚園のクラスにいつもと違う大人の人が立ってました。

子供ながらもその人には違和感を感じていました。

妙な魅力のようなものがあり、話掛けたのですが、反応がありません。

先生に「どうしたのー?」と話しかけられ、振り向いた瞬間にその人はいなくなっていました。

今でもその時の感覚は鮮明に覚えています。

 

僕の「人とは違う考え方」というのは、幼少期の「見えてた時期」に形成されたのではないかと思っています。

見てはいけないものが見えていた分、人とは少し違う価値観を持っているのです。

 

幽霊というのは、常にいるわけではありません。

平均すると1日に5人くらいでしょうか?

たまに妙な違和感のある人がいるので、すぐに気づきます。

 

皆さんが想像している、血みどろの幽霊なんてのは一度も見たことがありません。

そして、基本的には無表情です。

 

ただ、極まれに恐ろしい霊がいます。

「表情のある霊」です。

その霊を見ると、なんとも言えない恐怖心が襲ってくるのです。

言葉にはできないのですが、とにかく「やばい」と感じるのです。

全身に鳥肌が立ち、ひどいときは泣き出してました。

 

その「やばい霊」を見ると、次の日に必ず嫌なことが起きます。

また、「やばい」という気持ちが強ければ強いほど、大きなことが起きます。

 

小さいものでいえば、霊をみた翌日に肺炎にかかり入院したり、インフルエンザにかかったりしてました。

 

小学校4年生の夏に、そのやばい霊は僕の前に現れました。

全身の鳥肌が止まらず、過去最大とも思えるような霊を見たのです。

その翌日に、僕は大きな交通事故に遇いました。

 

そこからは一切「幽霊」というものを見ていません。

しかし、最近になってやたらと見ることが多くなってます。

そして、今日の話です。

僕は過去に大きな事故に遇う前にみた霊よりも、もっと「やばい」霊を見たのです。

その霊は30mくらい先にいたのですが、すぐに気づきました。

こちらをじっと見つめ笑っているのです。

僕の全身に鳥肌と悪寒が襲ってきました。

その瞬間です。

大きな叫び声と共にこちらにすごい勢いで走ってきます。

 

僕は全力ダッシュで逃げました。

すぐに体力の限界が来て、後ろを確認したのですが、幽霊の姿はいつの間にかなくなってます。

幽霊の声なんて聴いたのは初めてで、しかも追いかけてくることなんてあり得ません。

ここまでがついさっきの出来事です。

 

明日僕はどうなるかわかりません。

全身の鳥肌が引く気配がありません。

何も食べる気が起きず、「このままじゃやばい」と思い、少しでも気を紛らわせようとブログを書いています。

誰にも共感されず、誰にも信じてもらえない。

親ですら信じてくれない。

ネット上なら同じ経験をしている人がいるのではないかと思い、ブログに記しました。

 

ただ、こういう体験を話すのは初めてです。

自分が話すことで、他の人に危害がくわわることを恐れていました。

あまり有名ではありませんが、僕がいつもお世話になっているサイトがあります。

こちらには除霊の方法から、幽霊という存在など、かなり詳しく載っています。

何かが起きてからでは遅いので、必ずこちらに書いてあることを読んでください。

サイトはこちら

 

では本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

きょうの記事が面白いと思った方は、是非ポチってください。


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

 

PS.

4月8日に税理士さんを招いたKIKURIN会(税金の勉強会)を開催します。

ご興味のある方はご一報ください。