【アカウント閉鎖】Amazonアカウントが閉鎖した時の為のリスクヘッジ part3

どうも~こんにちは!

KIKURINです!!

 

IKEAのポテトチップスにはまりましたw

 

さて今日は「Amazonアカウントが閉鎖した時の為のリスクヘッジ part3」ということで、やっと本題に入っていきたいと思います。

前回前々回の記事をまだ見ていない方はそちらを先にお読みください。

 

 

Amazonアカウントが閉鎖した時の為に備えておくこと

 

Amazonのアカウントが閉鎖したからといって、全てが終了したわけではありません。

副業の方はその時点で、Amazon輸入というものから遠ざかってしまうかもしれませんが、本業の方はそう簡単に引き下がるわけにはいきません。

しかし、Amazonのアカウント閉鎖はいつやってくるかわかりません。

そのためにも備えておきましょう。

 

①Aamzonのアカウントを作成しておく。

②他販路を準備する。

③在庫をできる限り減らす。

④他キャッシュポイントを作っておく。

 

Aamzonのアカウントを作成しておく。

所謂Amazon複アカというものです。

そう簡単に作れるもんでもなく、非常にリスクのある行為です。

ただ、Amazonの規約に作る方法も存在します。

個人アカウント、法人アカウントは認められていますので、法人の方は法人アカウントを作成してみてください。

 

他販路を準備する。

ネット上で販売する場合、Amazonがすべてではありません。

他にもたくさんのネットショップがあります。

・ヤフーショッピング

・楽天市場

。ヤフーオークション

・独自ドメインのネットショップ

・メルカリ

・フリル

これらのサービスを構築、または利用に慣れていると非常に便利です。

特にメルカリなどは、販売から5分で売れることが度々あります。

面倒とはいえ、すごく売れる媒体の一つなので覚えておきましょう。

 

在庫をできる限り減らす。

アカウント閉鎖時に怖いのが、在庫のリスクです。

在庫が500万円もあった場合、捌くのに非常に時間がかかります。

人気商品ばかり取り扱っていた場合は問題ないのですが、Amazonでしかほとんど売れないような商品も存在しています。

在庫リスクというものは常に意識するようにしてください。

 

他キャッシュポイントを作っておく。

物販だけに限らず、できるだけ多くのキャッシュポイントを作っておきましょう。

理想は1カ月間に生活できるだけの収入が毎月入っていることです。

この収入があれば、Amazonが閉鎖してものんびり在庫を処分していくことができます。

ただその他のキャッシュポイントを作るといっても、そう簡単なことではありません。

物販の場合ブログを更新し続けて、ファンを作ることでブログやメルマガからの収入を作ることも可能です。

 

 

Amazonのアカウントの閉鎖は他人事ではない

 

Amazonのアカウントの閉鎖は、だれにでも起こり得ることです。

去年の夏くらいから「真贋の疑い」や「アカウント閉鎖」の話をたくさん聞きます。

なぜそのような噂をたくさん聞くようになったのでしょうか?

Amazonで販売するセラーが増えたから

 

非常に単純ですが、母数が単純に増えたというのが最大の理由です。

 

しかし、母数の増大に比例してそのような事例が増えたのでしょうか?

おそらく率は上がっていると思います。

 

なぜ率が上がったでしょうか?

秩序が乱れたから。

 

Amazonの規約をろくに読みもせず、そして確認もせずに適当に販売し、無意識的に規約違反を犯している人が非常に多いです。

僕が知っている中でも、本当にたくさんの方が平気で規約を破っています。

長年続けている人でも、ビックリするような規約を、知らずに破っているというケースもあります。

 

誰でも参入しやすく、特にペナルティもない分、軽い気持ちで向き合ってる人が多いのです。

規約を知りながら破っている人の方が、まだかわいく見えます。

 

そのように、定められたルールも守らないとどうなると思いますか?

お客さんに迷惑が掛かります。

 

お客さんに迷惑が掛かるとどうなりますか?

Amazonの信用がなくなります。

 

Amazonの信用がなくなるとどうなりますか?

共倒れです。

 

これを理解できない人を理解できないのは僕だけでしょうか?

 

Amazonは無法地帯にならないように最善の努力をしているのです。

それを「Amazonが悪い」と解釈している人もいますが、そう思うのであればAmazonを利用して販売するのをすぐにやめたほうがいいと思います。

 

 

「規約を読み、守る」のが一番のリスクヘッジ

 

Amazonという媒体は、SEOにものすごく力を入れています。

そして、広告にも力を入れています。

莫大な資金を投資しているので、毎年赤字続きです。

そんな会社が有名にならないはずもなく、僕らはそれらの努力を積み重ねて築き上げた媒体を利用させてもらってるのです。

個人がAmazonよりも売り上げを伸ばすことは不可能ですよね?

 

それはいくら頑張っても、AmazonよりもSEOを強くすることができないからです。

 

そんなAmazonはやっぱり売れます。

それを一般人が利用できるなんてものすごくありがたいサービスなのです。

 

それだけ企業努力を重ねた会社なので、規約も多く、そして規約に対して、ものすごく厳しいです。

一度閉鎖したら利用できなくなります。

だからこそ、もう一度ししっかりと規約を読み込み、絶対に破らないという気持ちで取り組んでみて下さい。

まだしっかりと呼んだことのない方は、この機会に「出品大学」だけでもいいので、全て目を通してください。

 

 

終わりに・・・

 

いろいろと裏技的手法がありますが、やっぱり正攻法で地道に実践するのが、一番の成功への近道だと感じました。

浦和的手法は次につながりません。

ゆっくりでいいので、しっかりと実績を出していってください。

 
本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ポチっと応援いただけるとすごくうれしいです。


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

 

PS.

3月30日にKIKURIN会を開催しました。

10人ほど集まっていただき、色々な情報交換をすることができました。

集まっていただいた方、本当にありがとうございます。

是非またお気軽にご参加ください。

 

4月8日に税理士さんを招いたKIKURIN会(税金の勉強会)を開催します。

ご興味のある方はご一報ください。