【心構え】努力なんて重要じゃない。重要なのは結果のみ

どうも~こんにちは!

KIKURINです!

 

 

さて今日は「努力なんて重要じゃない。重要なのは結果のみ」というタイトルですが、もしかしたら人によっては、耳が痛くなる話かもしれません。

僕が常に痛感していることを記したいと思います。

 

 

努力は自己満に過ぎない

 

いくら努力をしても、結局結果がでないとただの自己満になってしまいます。

 

僕は過去に毎日14時間、3か月ほど続けたことがあります。

3か月間そのような努力を続けた結果、何とか月利50万円を達成しました。

早くも結果がでたので、コンサルの募集をかけた時に無事に人が集まってくれました。

ここで結果が出ていなかったらどうだったのでしょうか?

おそらくコンサルの応募はゼロだったと思います。

 

他の例で、期日までに〇〇を提出しろと言われたとします。

努力しても間に合わなかった場合、「努力はしました」といっても絶対に認めてもらえませんよね?

 

結局努力をしても、結果が出なければ誰も認めてくれないのです。

そして、努力をしたことさえも否定されます。

 

ただ、だからといって努力をする必要がないわけではありません。

 

 

 

努力と一言で言っても努力の仕方が重要

 

同じだけ努力をしていても、結果がでる人と出ない人がいます。

例えば同じ1カ月間のリサーチでも、300商品見つける人もいれば、30商品しか見つけられない人もいるのです。

ではこの違いはなんだと思いますか?

  • 密度の違い
  • 集中力の違い
  • 努力の方向性の違い

あまり大きな違いはありませんが、おそらくこの中で一番大きな問題は、「努力の方向性の違い」だと思います。

1カ月間で300商品も見つけられる人は、効率化をすることでたくさんの商品を見つけられると見込んでいたからこそ、仕組み化に努力しているのです。

 

仕組み化に成功している場合、もしかしたらリサーチ時間は30個しか見つけられなかった人の半分以下かもしれません。

しかし、1カ月間で300個見つけた人の方が結果をだし、評価されるのです。

 

 

努力をすれば誰でも報われる

 

ここまで読んでいて心配になった方もいるかもしれません。

しかし、心配はしなくて大丈夫です。

Amazon輸入に関してだけ言うと、正しい努力をしていれば、だれでも稼ぐことができます。

誰でもです。

 

ただ、正しい方向性、やり方を身に着けていなければ、絶対に稼ぐことができません。

 

正しい方向性とは?

でも正しい方向性がわからないという方も多いと思います。

僕がコンサルをするときに必ずしてもらうことがあります。

それが、「出品大学を読む」ということです。

 

まずは出品大学にて基礎を自分で学んでいただきます。

その後に正しいリサーチ方法を教えていきます。

基盤さえ固まっていれば、あとは時間をかけるだけです。

時間をかければかけただけ稼ぐようになります。

 

 

終わりに・・・

 

努力といっても、ただ単に時間をかければ良いってものでもありません。

正しい方向性で、正しい方法で努力する必要があります。

もしも「努力をしているけど結果がついてこない」という方がいましたら、もう一度やり方を見直してみてください。

がむしゃらに突っ走るのはいいのですが、無意味に突っ走るのはあまり効率的とは言えません。

緻密な計画をもとに、しっかりとレールの上を突っ走り、月利50万円なんてサクッと超えてください。

時間をかけても結果が出ていない方は、レールから脱線している可能性があります・・・

 
本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ポチっと応援いただけるとすごくうれしいです。


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

 

PS.

3月30日にKIKURIN会を開催します。

4月は税理士さんを招いたKIKURIN会(税金の勉強会)を開催します。

ご興味のある方はご一報ください。