【基礎知識】パートナーキャリアは遅い

どうも~こんにちは!!

KIKURINです!!

 

明日から中国に行ってきます。

烏義に行き、いろいろな商品を見てきます(*ノωノ)

 

さて、今日は無料になったパートナーキャリアについてのお話しです。

無料になってからどんなことが起きたのか、そして今後利用するべきかをまとめてみたいと思います。

 

 

 

パートナーキャリアが無料になることで起こり得る弊害

 

パートナーキャリアが無料になることで起こり得る弊害ですが、いろいろと考えられます。

 

・パートナーキャリアの納品スピードが下がります。

当然利用者が増えることで、利用者の数に比例して処理にかかる時間も増えます。

結果的に納品までのスピードが恐ろしく遅くなります。

平気で1日2日遅れます。

 

・原則集荷ができないため、郵便局にもっていかなければいけないので、ガソリン代や運び込む時間がかかる。

現時点ではまだ集荷でも対応してくれるみたいですが、それは郵便局での情報の伝達ができていない為、現状集荷担当者も普通に持って行ってくれています。

ただこれは時間の問題です。

ある程度郵便局の局員も把握することができてくれば、集荷を断られることも十二分にあり得ます。

そうなったときに配送業者と契約をしようと思っても、もうできない可能性も考えられます。

 


・様々な条件ある

利用するにあたって、たくさんの条件が付きまとってきます。

その条件の為にいろいろと試行錯誤していると、結果的に非常に時間がかかってきます。

条件に付いては下記にまとめますね。

 

・結果

時間がものすごくかかります。

損失の中でも、意識のしづらい損失が存在します。

それは、「機会損失」です。

今回の時間がかかるというのは、非常に多くの機会損失を被っているということになります。

 

 

「只より高いものはない」

 

日本のことわざで「只より高いものはない」というものがあります。

 

【只より高いものはない】(ただよりたかいものはない)

1.只で物を呉れるときは、往々にして条件が付いてくるものであり、その条件が難しいものだったりして、却(かえ)って高く付くものだということ。

2.一般に、只で物を貰ったのが元で、禍(わざわい)を被(こうむ)ること。

 

今回の件がまさにそれだと思います。

条件をまとめてみましょう。

 

・標準サイズの商品は10品以上

・大型サイズは1品以上

・1納品プランの上限は5箱まで

・持ち込みの必要あり

・納品先の固定ができない

 

取りあえずはこんなところでしょうか?

 

納品プランを作成後に、5箱を超える場合はもう一度納品プランを作りなおす必要があります。

もしくは、ぎりぎりの大きいサイズの段ボールへの入れ替えが必要になってきます。

また、段ボールのサイズの入力も必要になってきます。

 

正直、非常に面倒なことが多いのです。

 

例えば配送業者と契約しているとして、大きい箱の値段が数百円だったとします。

一回の納品で5箱・250商品を納品する場合、1箱に50商品の計算ですよね?

ということは、ひと箱にかかる送料を50で割ります。

600円くらいだとしたら、1商品12円です。

 

パートナーキャリアで納品した場合、通常よりも1,2日遅いです。

また、持ち込みができないこともあるとおもいますので、その分遅れます。

その間に商品価格は刻一刻と安くなります。

たった12円の為にそこまでする必要があるのかな?

と僕は考えてしまいます。

 

これが直取商品で、値段も安定的でかつまだ在庫はあるけど追加で入れるというものだったら話は分かります。

しかし、単純転売の場合はそうはいきませんよね。

 

 

裏技的手法

 

納品スピードが遅いということでしたが、まだ確かではありませんが、画期的な方法があります。

納品スピードが速くなったという声を頂いたので、是非みなさんにも試してもらいたいので、情報を公開したいと思います。

 

「メッセージカードを入れる」

です。

 

箱の中に「いつもありがとうございます。今回もよろしくお願いします」という手書きのメッセージカードを入れてみてください。

これを入れることで、実感できるくらい早くなるそうです。

ただし、この情報は確実ではありません。

今度暇を見つけてKIKU&TOMOで統計を取ってみたいと思います。

 

 

終わりに・・・

 

無料というものには結構食いつきますが、冷静に見ていくと、そこまで大騒ぎするようなことでもないということがわかります。

無料だから単純に経費削減になるというとらえ方よりも、様々な弊害やリスクを考えたうえで、それをりようするのかどうかを決めていくのが良いと思います。

また、無料になるのは、何かしらの狙いがあります。

その狙いはなんなのかをしっかり考えていくことで、アマゾンは今後どのように動いてくるのかを見るとすごくワクワクします。
本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ポチっと応援いただけるとすごくうれしいです。


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

 

PS.

3月30日にKIKURIN会を開催します。

4月は税理士さんを招いたKIKURIN会(税金の勉強会)を開催します。

ご興味のある方はご一報ください。

明日から中国に行きますが、メールやチャットワークは普通にみれますので、用事のある方はお気軽にお問い合わせください。