【心構え】やる気を出す方法 part1

どうも~こんにちは!

KIKURINです!

 

最近はプリズンブレイクにはまっています。

洋画を観るときは大体字幕で観るのですが、プリズンブレイクは絶対に吹き替えで見てしまいますw

ティーバックの声が面白すぎて・・・w

 

さて、今日は「やる気を出す方法」というテーマですが、なぜこのようなお話しをするのかというと、僕の周りの方には、「本気で向き合えない」と嘆いている方が数名います。

そこで、なぜ本気で向き合うことができないのか、その原因を追究し、やる気を出す方法を言及していきたいと思います。

これはAmazon輸入だけにかかわらず、サラリーマンにも当てはまる話です。

実際に企業に勤めている人でも、仕事に対して本気で向き合えていない人がいます。

 

少々長い記事になるとは思いますが、お付き合いいただければ幸いです。

 

 

◆本気になれない理由

 

 

その仕事が好きじゃない

 

そもそも、本気で向き合えないという人はなぜその仕事に本気になれないのでしょうか?

Amazon輸入でいえば、「稼がなければいけないとわかっているけど、面倒でなかなかやれない」など。

サラリーマンでいえば、「将来的に独立を目指してるけど、今の仕事が忙しすぎて、または不満がありすぎて、なかなか向き合えない」など。

 

これらの意見は本当によく耳にする意見です。

そして、このようなことを言っている人と話をしていると、共通していることがあります。

それは、「その仕事が好きではない」ということです。

 

要は、仕事が好きじゃないから、「面倒」と思ったり、会社に対して不満を持ったり、上司に対して不満をもつ気持ちの方が上回ってしまいます。

本当にその仕事がすきなら、多少の面倒なことや不満なんかは、「やりたい」という気持ちで簡単に塗り替えられます。

 

 

仕事とプライベートと完全に割り切っている

 

仕事を楽しくないと言っている人は、本当にその「仕事」自体が楽しくないと思っているのでしょうか?

大抵の場合、仕事というくくりだから「嫌」と感じてます。

これは完全に「仕事」と割り切ってしまっている例です。

 

このように思ってしまう要因を考えていくと、「勉強」というものが出てきます。

日本の教育方法として、「勉強はつらいもの」と教わってきます。

しかし「勉強」というものは、本来知識を増やし、見聞を広げることで、人生をより楽しいものにするためにするものです。

教育者はそのような素晴らしい行為を、「つらいもの」と捉えていて、そのまま後継していきます。

その教えを受けている私たちは、社会人になるにあたり、いままでの「勉強」というつらい行為が「仕事」にシフトしているのです。

そのため、「仕事」はつらいという固定概念が植え付けられているのです。

 

しかし、仕事も勉強と同じで、人生を豊かにするための素晴らしいツールです。

仕事からは素晴らしい出会いもありますし、素晴らしい発見もあります。

何にも代えがたい事の一つに、仕事を通してたくさんの勉強ができます。

 

仕事というものは、本来楽しいものなのです。

これを理解していれば、仕事はつらいものという固定概念がなくなります。

 

 

目標がないから、稼ぐ理由もない

 

それらを理解はしているものの、仕事を全然楽しめず、金を稼ぐための苦しい行為と感じる人はたくさんいると思います。

なぜそこまでつまらないと感じるのか?

 

正直ここまでくれば、その人が仕事をつまらないと感じる原因は一つだと思います。

 

ズバリ「夢がない」からです。

 

要は、夢がないから稼ぐ理由もないわけです。

稼ぐ理由もないのに、毎月100万円200万円を稼ぐのは正直しんどいです。

 

例えば、20万円あれば生活ができる人がいるとします。

その人は仕組み化に成功し、取りあえずは毎月コンスタントに30万円稼げるようになりました。

毎月10万円は遊びに使えます。

この状態で収入をプラス20万円にする理由はなかなか見つけづらいですよね。

収入を20万円上げることは容易なことではありません。

結構な努力を虐げられるわけです。

果たして、今の生活で満足しているのに、収入を20万円上げることはできるのでしょうか?

答えは、「難しい」となります。

 

次に、事業立ち上げの軍資金を稼ぐために働いている人のパターンを見てみましょう。

この事業の立ち上げには、最低でも1000万円は必要だとします。

しかも、3年以内に立ち上げなければいけないという、制限時間付です。

この場合、月に20万円の安定収入があっても全く満足できません。

できることなら早く立ち上げたいので、月にできる限りたくさん稼ぎたいと感じるはずです。

それもそのはず、事業を立ち上げなければいけないのですから。

 

この2パターンを比べた時に、仕事に対して「つらい」と思う気持ちを数値化できるとしたら、後者の方がはるかに大変なことをしているにもかかわらず、つらいバロメーターは前者の方が強いです。

むしろ、後者の方は夢があるので、入ってくるお金が毎月増えていき、結果的に夢に近づいていると考えると、仕事をものすごく楽しくこなしている可能性があります。

 

 

終わりに・・・

 

まだまだ書きたいことはたくさんありますが、今日はこのくらいにしておきますw

あまりに長い記事になると、「長い!」とお叱りを受けることも多々ありますw

 

 
本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

人気ブログランキングに参加しています。

ポチっと応援いただけるとすごくうれしいです。


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

 

PS.10月より運営をスタートしたコミュニティ、KIKU&TOMOが盛り上がっています。

孤独なビジネスだからこそ仲間を増やそう。

ということで、出会いの場を設けました。

初心者の方も、上級者の方もどなたでもご参加できます。

是非、KIKU&TOMOをよろしくお願いします!

 

また、ご質問など随時受け付けております。

「お問合せ」から気軽にご質問ください。

コミュニティ詳細はこちらです。