2名限定、超ミニマム忘年会

どうも~こんにちは!

毎朝ラジオ体操をしているおじちゃん、KIKURINです。

 

継続するのが苦手ですが、ラジオ体操だけは毎日継続することができていますw

ラジオ体操第2も最近はできるようになってきて、朝から目覚めが良くなってきました!

今日は最近のAmazonの傾向とアカウントスペシャリストからの連絡、今後のAmazonについてお話ししたいと思います。

ws000103

 

 

 

アカスぺからの連絡がやたらと多い

 

最近特に目立っているのが、アカウントスペシャリストからの連絡です。

特に多いのが、「真贋の疑い」です。

ここ1週間で真贋の疑いの連絡がきた方が4名ほどいらっしゃいました。

また、コンディションの相違の連絡が2件。

 

12月の忙しい時期なので、多少Amazonも緩くなると思っていたのですが、僕の読みが甘く、逆に厳しくなっている気がしますね。

 

それぞれ相談してきた方の商品を伺い、傾向を調べてみました。

 

真贋の疑いをかけられる商品に関してはある程度の傾向が見えてきました。

 

 

 

真贋の疑いがかけられる商品の傾向

 

これだけは絶対に注意してみていただきたいのですが、商品のレビューを必ず見るようにしてください。

商品レビューに「偽物が届いた」というレビューや、「商品説明と違った」というレビューが書かれている場合は、ものすごく危険な商品です。

 

ここからは僕の憶測になりますが、おそらくアカウントスペシャリストがセラーに連絡をする時はどのような対処をしているのかを考えてみました。

 

まずは購入者からアマゾンへ直接クレームを言う

カスタマーサービスが担当

カスタマーサービスが商品ページを確認

そのクレームに信憑性があるのかを判断

判断基準として、商品レビュー等を参考にする

信憑性があると判断された結果アカスぺに連絡

アカスぺから連絡が来る

 

おそらくほぼ確実にこのような流れだと思います。

過去にこんな話を聞きました。

返品された商品についている小さい紙に「正規品ではない?」と書かれているといっている方がいました。

要は「偽物」という疑いがかけられたにも関わらず、アカスぺから連絡が来ることなくただの返品で終わったのです。

その商品のページには悪い評価が無く、すべて星5の商品でした。

 

 

もう一つのアカスぺからの連絡

 

もう一つアカスぺからの連絡が多くなっているのが、出品規制についてです。

先日僕のセラーセントラルで旗が立ちました。

一瞬にして背筋が凍り、ドキドキしながらアカスぺからの連絡メールを開いたのですが、大手ブランドの出品規制がはいという内容で、ホッとしました。

 

最近はLEGOの出品規制だったり、NIKEの出品規制、Sonyの出品規制と、かなり規制がかかってきましたね。

今後はもっと厳しくなっていくでしょう。

 

 

なぜAmazonはそこまで厳しくしていく必要があるのでしょうか?

 

これは考えてみればものすごく簡単なことです。

 

Amazon輸入ビジネスという形で世の中に知れ渡っていくことによって、参入者がたくさん増えてきました。

副業でも簡単に稼げるということで、本当にかるーい気持ちでビジネスをしてる人がものすごく多いです。

 

そのような方は当然Amazonの規約なんて読みもしないし、出品大学を読むこともしません。

Amazonの規約を当たり前のように破り、また販売者としての意識がものすごく低いため、わけわからないものを購入者に売りつけているのです。

規約上では中古になる商品も新品で販売していたりすることもあります。

そもそもコンデションガイドラインにカテゴリ毎のコンデションの付け方が定められていることも知らないのです。

 

こんなことが当たり前のように起きている中で、そのような意識の低い販売者を排除していきたいと思うのは当然といえば当然ですよね?

巷では「Amazonはやり過ぎだ」と騒がれたりもしていますが、僕からしてみれば、販売者がやりすぎですw

 

Amazonは購入者目線で考えていて、よりよいサービスを提供し続けることで伸びてきた会社です。

購入者目線で考えてきたからこそ、僕らの商品も売れるのです。

自分のサイトを立ち上げてSEOを強くして、自分で発送するなんて言ったらものすごく大変ですよ?

たぶん誰もやりたがらないでしょう。

現にやっている人は少ないです。

 

しかし、今のAmazonのサービスが当たり前と捉え、自分のことしか考えていない人は、「販売者は肩身が狭い」とか訳の分からないことを言い出すのです。

購入者第一という大前提がある中で、その規約に同意しているからこそ、Amazonは独自のサービスを我々に提供してくれているのです。

Amazonがなければ商品を販売するのは本当に大変なことです。

 

比較的簡単にSEOが強くなる楽天やヤフーショッピングでさえ、Amazonに比べるとものすごく手間がかかり面倒な上に、お金もかかります。

 

テンバイヤーを駆逐しているのはなく、意識の低いセラーを駆逐しているのです。

一番の被害者は、まじめに取り組んでいるセラーさんです。

 

意識の低いセラーのせいで、まじめに取り組んでいるセラーさんもその被害を被っています。

 

 

今後のAmazon

 

今後Amazonはますます厳しくなるでしょう。

規制がかかる商品やメーカーが今以上に増え続け、簡単な気持ちで販売することが出来なくなってくると思います。

 

でも安心してください。

優良セラーが多くなって来れば、お客さんからのクレームも減ってきます。

お客さんのクレームが減れば当然アカスぺからの連絡も少なくなります。

 

今はかなり慎重に、規約をもう一度読み返し、出品大学をすべて見てください。

 

Amazonが厳しくなることで、Amazonから撤退する人が多くなることも目に見えています。

撤退したセラーの中でも悪質な人は、あらさがしをしてクレームをつけまくるでしょう。

来年1年間は怒涛の年になりそうですね。

今が踏ん張り時です。

 

むしろビジネスというものは常に踏ん張り時です。

 

 

2名限定で超ミニマム忘年会を開催します

 

最後になりましたが、12/26(月)都内某所にて忘年会を開催します。

2名限定で超超超ミニマム忘年会をします。

僕に初めて輸入を教えてくれた、一番付き合いが長い方、利益が一気に飛躍している方が来ます。

かなりミニマムな忘年会なので、じっくりねっとりかなり込み入ったお話しでもしたいと思っています。

もし気になる方がいらっしゃいましたら、こちらよりご連絡ください。

件名に「忘年会について」とご記入のうえ、ご応募ください。

※先着2名です。

 

 
本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

人気ブログランキングに参加しています。

ポチっと応援いただけるとすごくうれしいです。


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

 

PS.10月より運営をスタートしたコミュニティ、KIKU&TOMOが盛り上がっています。

孤独なビジネスだからこそ仲間を増やそう。

ということで、出会いの場を設けました。

初心者の方も、上級者の方もどなたでもご参加できます。

是非、KIKU&TOMOをよろしくお願いします!

 

また、ご質問など随時受け付けております。

「お問合せ」から気軽にご質問ください。

コミュニティ詳細はこちらです。