アカウント閉鎖~復活をサポートしました


どうも~こんにちは。

お腹が痛くなって後悔することをわかっているのに、ごはんをたべすぎてしまう、KIKURINです。

 

 

 

閉鎖サポートをするまでの経緯

 

11月の中旬にじょにさんという方からメールが届きました。

「アカウントが閉鎖しそうです。助けてください。」といった内容です。

当時の僕はAmazonのアカウントが閉鎖しそうな方をサポートするなんてサービスはしていませんでした。

ましてや11月の半ばともなれば仕入れでものすごく忙しい時期です。

うけようかものすごく悩みましたが、僕も閉鎖経験のある人間なので、お願いされてしまえばやってしまうのが人情ってものでしょう。

 

ちなみに、毎日やり取りしていて、且つ内容もものすごく頭を使いますので、コンサルよりもたくさんの時間、労力を使っています。

コンサルの価格と比べたら、超格安で引き受けましたw

 

そこから僕とじょにさんのやり取りは始まりました。

 

 

Amazonから要求される内容は簡単なものではありません。

徹底的に完璧なものを提示していく必要があるのです。

日夜じょにさんと打ち合わせをし、ああでもないこうでもないといろいろと策を練って、練って、練って。

資料を用意して・・・

 

一言でいうと、ものすごく大変でした。

終わったことなので言えるのですが、途中何度も軽く引き受けてしまったことに後悔しました。

 

しかし引き受けたからには全力でやります。

価格が安かろうと高かろうとそこは関係ありません。

 

 

実際にやったこと

 

実際にやったことはたくさんあるのですが、大体以下の流れになります。

 

取引先との明細提出

その取引先が正規の取引をしている証明提出

もう一度同じ過ちを繰り返さないようにするための改善報告書

細かい部分まで突っ込まれるので、改善報告書の改善

 

ここまで1カ月くらいかかりました。

 

その間にじょにさんにはお子さんが産まれ、本当に大変な思いでやられていたと思います。

しかし、最後まで心をおらずに、あきらめず頑張っていただき、1カ月で何とかアカウントを復活させることができました。

 

途中で「閉鎖するかも」という思いも少なからずあり、早めに在庫をすべて返送し、その在庫を原価に近い価格で僕が買い取らせていただきました。

これは前回僕が閉鎖した時にものすごく助かったことで、3か月間売上金がストップすれば大変なことになります。

なのでそういう措置を取らせていただきました。

 

おとといの話ですが、珍しくじょにさんから日中に連絡がありました。

「KIKURINさん、復活しました」

と。

 

本当にうれしかったです。

その報告を聞いて、感極まって涙がこぼれ落ちました。

復活は難しい状況からの大復活劇で、心の底から引き受けてよかったと思いました。

 

 

 

じょにさんからのメッセージ

 

今回閉鎖から復活したじょにさんからメッセージをいただきました。

 


 

はじめまして。
じょにと申します。
この度はKIKURINさんのブログで私の経験をご紹介頂けるとのことで、
メッセージを書かせて頂くことになりました。
一番読者の方が興味を持たれるであろうこととしては、
この1ヵ月に私に起きたことを時系列で書き、
都度どのようなやり取りをしてアカウント再開までこぎつけたか
ということなのかなと思うのですが、
その文章が何かの形でアカウントスペシャリスト(通称アカスペ)へ流れ、
また停止、閉鎖になることだけは何としてでも避けたいので、
それだけは止めておこうと思います。
それくらいこの一ヵ月に私の身に起こったことはとてもひどいことでした。
今日もテクニカルサポート(通称テクサポ)からメールが来ただけでもびくびくしながらメールを開封するくらいです。
アカウントが停止になるときにくるメールは、
【Amazon.co.jpへのお問い合わせ】
というタイトルで届くのですが、
毎度のメールのやり取りの度に、このタイトルで届くわけです。
はじめは、「問い合わせなんかしてないぞ?」と思い開封しました。
そういうメールだとは思ってもいないので開封して頭が真っ青になりました。
加えて、タイミングも私にとって非常に悪い時期でした。
1ヶ月後には今の会社を一年間休職してその間に輸入ビジネスを軌道に乗せようと準備をしていました。
さらに停止から3日後には子供が産まれ、本気で生活がまずくなると思いました。
このビジネスで食べていこうと1年間ある方のコンサルを受け、
月商2,000千円、利益500千円を越え、
12月はいよいよ利益1,000千円が見えるはずで、ここから成長するはずだったんです。
そういう状況の矢先、あのメールが届きました。。
KIKURINさんのブログは以前から拝見していたので知っていたのですが、
ブログが最近更新されてないなと不思議に思っていたら、
3ヵ月後だったか?くらいにアカウントが閉鎖になっていたと記載されていたので、
内心「あちゃ~。かわいそう。。」と半分他人ごとにように思っていました。
(KIKURINさん、すみませんでした、、)
その後、まさか私も停止そして閉鎖になるなんてその時は思いもしませんでした。
それで、KIKURINさんにコンタクトを取ってみて、
何度かやり取りをし、閉鎖になった時のことをまとめたレポートを頂きました。
それを参考にごにょごにょやっておりました。

当時の私にとっては十分すぎるくらいの内容で、
なんと言ってもメンタルが相当やられていた時期でしたから、
状況を理解できて話を聞いて頂ける方がいることが何と心強かったことか、
KIKURINさんには感謝しきれないくらい感謝しています。
ようやく年始の起業に向け、せっせと準備を始めることができました。
今後はおそらくブログも立ち上げ、何かを発信していくことになると思います。
amazon輸入のブログは既に飽和しつつありますから、
ちょっと視点を変えてコンセプトを作っていく必要があります。
アカウント復活専門のブログなんてどうでしょうか。
やはり止めておきましょう。。
恐ろしすぎです。
アカスペに目を付けられたら、寿命を刈り取られるの必須です。
ただ、今だから言えますが、
この1ヵ月の経験は多くの方が経験できることではなく
(しないにこしたことはありませんが明日は我が身、まじで明日は我が身です)、
自分自身を成長させ、自信を持って次に繋げるステップになったことは間違いありません。
正直、私はamazonのコンディションガイドラインや出品規約をさらっとしか読んでいませんでした。
私が今言えることは、それらをまだきちんと理解していないプレイヤーの方は
リサーチ中であっても、納品中であっても、交渉中であっても、
一旦手を止めて確認してほしいということです。
あれさえしっかり理解できていればそうそうは停止や閉鎖になることはありません!
大事なことなのでもう一度言わせて下さい。
リサーチ中であっても、納品中であっても、交渉中であっても、
一旦手を止めて確認して下さい!

 

それでももし、もしもですよ、
そういう事態になった時には、どうぞKIKURINさんを頼って頂ければと思います!
私は、アカスペを納得させるのに1ヵ月かかりました。
取引先の先の先の取引先のインボイスまで調達することになりました。
改善策として、検品マニュアルを作成し、23時の帰宅後夜な夜な作成しました。
1ヵ月入金が止まると資金面でとても大変なことになります。
心も折れかけます。家族にも心配されます。会社でもイライラします。
リサーチどころではありません。未来に不安を覚えてきます。
交渉中の取引先や出荷待ちの商品もすべてストップになります。
商品をFBA倉庫から返送すると部屋は大変なことになります。
もう私は書いているだけでゲロが出そうです。
あんな経験は二度としたくありません。
もう一度言わせて下さい。
リサーチ中であっても、納品中であっても、交渉中であっても、
一旦手を止めて確認して下さい!

お読み頂き、ありがとうございました。
少しでも参考にして頂けると幸いです。

じょに

 


 

じょにさん、1か月間本当にお疲れ様でした。

いろいろと大変なこともありましたが、僕自身ものすごく勉強になったことがたくさんありました。

 

今回の経験は絶対にプラスになります。

今後もビジネスを加速できるように頑張ってください!

 

 

 

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

人気ブログランキングに参加しています。

ポチっと応援いただけるとすごくうれしいです。


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

 

PS.10月より運営をスタートしたコミュニティ、KIKU&TOMOが盛り上がっています。

孤独なビジネスだからこそ仲間を増やそう。

ということで、出会いの場を設けました。

初心者の方も、上級者の方もどなたでもご参加できます。

是非、KIKU&TOMOをよろしくお願いします!

 

また、ご質問など随時受け付けております。

「お問合せ」から気軽にご質問ください。

コミュニティ詳細はこちらです。

コメントを残す