生活できるレベルの利益は出てるけど、それ以上伸び悩んでいる方へ


どうも~こんにちは!!

語彙力小学生レベル。

KIKURINです!

 

気温が急激に下がりました。

みなさん、体調管理には充分にお気を付けてくださいね。

この時期に風邪をひいてしまうと、とてももったいないです。

 

物販をやっていると、こんな方をよく見かけます。

「ある程度稼げるようになると、それ以上伸びない。」

ここでいうある程度というのは、月にコンスタントに50万~70万の利益です。

 

大抵の人はこのような現象に悩まされると思います。

ではなぜこのような現象が起きるのでしょうか?

 

今日はそれらの現象と「目標とお金」の関わりについて考えていきたいと思います。

 

 

稼げなくなるのはどうして?

 

まず初めに、ある程度の利益を出せるようになると、なぜそれ以上の成長がないのでしょうか?

僕の周りには4,5人はそのような方がいます。

いろいろと話しを聞いていると、ある共通点が見つかりました。

 

「生活できるからやらなくなる」

 

生活ができてしまうと、どうしても人は頑張る気力がわいてきません。

 

もう一点共通していることがあります。

「向上意欲はある」ということです。

 

向上意欲はあるものの、生活できるレベルで稼げるようになると、今以上の仕事をしなくなる。

要は、稼がなければいけない理由がなくなるのです。

 

 

 

 

稼がなければいけない理由とは?

 

稼がなければいけない理由がないといっても、ほとんどの方は「生活を豊かにしたい」という理由からAmazon輸入を始めていると思います。

以上のことから、生活が豊かになると稼ぐ理由がなくなってしまい、それ以上伸びないというのは理解できますよね?

 

ではどうすれば稼がなければいけない理由を作ることができるのでしょうか?

 

 

一例ではありますが、ホリエモンは「お金の亡者」といわれていますよね?

なぜお金の亡者といわれるようになったのでしょうか?

また、はたして本当にホリエモンはお金の亡者なのでしょうか?

 

僕はホリエモンのことが好きで、たくさんの書籍を読んで来ましたが、ホリエモンはお金の亡者とは微塵も感じませんでした。

というのも、彼は野望があり、その野望の為に突っ走っているだけだからです。

 

ホリエモンの野望というのは、「格安で宇宙旅行に行けるサービスを、自らの手で作り上げる」という、とんでもない野望を持っています。

このような野望があれば、お金を稼がなくてはいけませんよね?

 

ただこれは本当に一例です。

全員が全員野望や夢があるわけではありません。

 

 

そこで、僕自身はなぜ稼ぎたいのかを自分なりに考察してみました。

まず、僕がAmazon輸入を始めた理由は・・・

ここから話すとものすごく長くなるので、割愛させていただきますw

気になる方は過去の記事をご覧ください。

 

ざっくりとお話しをすると、僕はとにかくどんな形であれ、起業したかったのです。

ではなぜ起業したかったのかというと、「楽しそうだから」というのが一番の理由ですが、楽しいと思うのはなぜなのか?

この部分の答えを出すのにものすごく悩みました。

 

お金がたくさん入るから?

→そんなに貪欲ではありません。

むしろお金だけだったら他の事をしています。

 

貪欲ではないのに、なぜ自分は12月の目標を150万円に設定したのか?

 

いろいろと悩んだ結果、ものすごく大切なことに気づき、そしてすべてのつじつまが合いました。

 

僕は社会に認められたいという欲求がものすごく強いのです。

もっと単純な考え方をすると、人に認められたいということです。

 

この考え方をすると、12月の利益目標も、格安でコンサルをやっていることも、ほとんど利益なしでコミュニティを運営していることも、すべてに納得がいきます。

 

 

この答えが出てから、「お金」は本当にそこまで大切なのか?

ということについて考えるようになりました。

 

 

 

最終目的がお金で終わることはあり得ない

 

僕はいままでいろいろな人から、「お金の為に働いている」という言葉を聞いてきました。

正直、この言葉には毛嫌いをしていました。

しかし、「お金では買えないものがあるよ」というテンプレート的なきれいごとを言うのも気持ち悪く、ずっともやもやした気持ちでいました。

しかし、「承認欲求」という言葉を意識するようになってからは、人は「お金」の為に働いているのではなく、全ての根源は「承認欲求」からくるものだと確信することができました。

 

例えば、「生活が苦しいからお金が必要」と嘆いている人がいるとします。

そもそも生活にはそんなにお金がかかるものでしょうか?

 

極端な話をすると、山で自給自足で生活をすれば、お金は一切かかりません。

現に世界に目を向けるとお金がまったくかからない生活をしている部族はたくさん存在します。

極端すぎたので、少し話を現実に近づけてみましょう。

 

例えば、都内で暮らしている人が「生活が苦しい」といった場合、物価の安い田舎で暮らせばいいわけです。

田舎に暮らせば、車も持てますし、家も建てられます。

それなのになぜ田舎に暮らさずに都内で「お金」の為に働くのでしょうか?

そして、贅沢をしたがるのでしょうか?

 

それは、周りの人に「あの人はお金持ちだ」とささやかれるのがものすごく気持ちがいいからです。

ここでも最終的には「人」がかかわってきますよね?

 

 

次に「高級外車を乗り回したい」といっているひとがいたとします。

こういう人はわかりやすいのですが、「見栄」からこのような欲求が生まれてきますよね?

「見栄」とは「承認欲求」の塊なのです。

 

この見栄っぱりは気を付けてください。

「お金」で人に認められても、実は自分を認めてもらっているのではなく、「お金」をみとめているのです。

自分からお金が無くなったときに、いつの間にか周りにいた人がいなくなっています。

お金とはそういうものなんです。

 

お金というのは、ものすごく人間の本性をだすもので、本当に怖いものです。

お金に翻弄される人生は薄っぺらい人生になってしまいます。

絶対にお金の管理だけはしっかりとしましょう。

 

 

 

人間が最も欲しているもの

 

ここまで読んでいただければわかると思いますが、人間が最も欲しているものとは、「お金」ではなく、「人とのつながり」なのです。

人とつながっていて、尚且つ認められていればものすごく楽しく、心が満たされます。

 

では物販でそれらを得るにはどうしたらいいのかと申し上げますと、ブログを書いて結果を発表したり、コンサルを行って頼りにされたり、コミュニティを運営して、たくさんの人を助けたり・・・

僕がブログを書き続ける理由がまた一つ増えましたw

 

「お金」がほしいから物販をやっているという方は、もう一度掘り下げて考えてみてください。

自分が本当にほしいものが何なのか。

しっかりと掘り下げれば絶対にほしいものが見つかります。

それが見つかったら、それを手に入れるために頑張ってみてください。

もしかしたらこれ以上頑張る必要がないかもしれないし、もっと頑張らないと手に入れられないものかもしれません。

 

 

 

 

 
本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
人気ブログランキングに参加しています。

ポチっと応援いただけるとすごくうれしいです。


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

 

PS.10月より、コンサルティングを3名募集しています。

特典もかなり充実したコンテンツばかりですので、ご興味のある方はご一報ください。

また、ご質問など随時受け付けております。

「お問合せ」から気軽にご質問ください。

コンサル詳細はこちらです。

コメントを残す