【拡張機能】Amazon輸入 必須拡張機能 超時短!!

 

グーグルクロームには、拡張機能という機能があります。

拡張機能とは、本来の検索ブラウザという機能とは別に、より便利になるためにプログラムされた、ブラウザ用アプリです。

グーグルクロームでは、他のブラウザにはない機能を盛り込むことができます。

クロームの拡張機能は、数万種類ありますが、個人でも拡張機能を作り販売、または公開することができます。

その中でも、Amazon輸入のリサーチをより便利にする、最強拡張機能があります。

過去にブログでご紹介したことがあるのですが、最近アップデートされ、ものすごく使いやすくなったので、改めてご紹介したいと思います。

 

 

リサーチ最強拡張機能

 

紹介までかなり引き延ばしてしまいましたが、今回ご紹介する拡張機能はこちら!!

「Keepa」

ws000050

このKeepaでは何ができるのかというと、簡易モノレートを商品カタログ上に表示することができます。

そのほかにも、超便利な機能が盛りだくさんですが、一番大きい機能はこちらです。

 

ws000051

グラフの見かたは、以下の通りになります。

上のグラフ上の緑色の線=商品のランキング推移

紫=価格推移

ここには表示されていませんが、Amazon本体が出品していたことのある期間、価格はオレンジで表示されます。

中古商品は黒い線で表示されます。

ちなみに、ここに表示されていませんが、モノレートよりも良い機能として、FBAの最安値が表示されるようになりました。

ものすごくありがたいですね。

 

下のグラフは、出品者の推移です。

紫=新品

黒=中古

 

正直、モノレートにいく必要がありません。

※たまにうまくデータが取得できていないときがあるので、その時はモノレートに確認しに行ってください。

 

 

Keepa設定

 

Keepa拡張機能の追加の仕方はものすごく簡単!

https://keepa.com/#!

こちらのサイトに飛び、「アプリ」をクリック後にクロームを選択してください。

後は「拡張機能に追加」ボタンを押すだけです。

 

ただ、初期設定では最強機能が使えない状態なので、少し設定をしてあげます。

 

この設定をしてあげることで、アマゾンの検索結果や、関連商品の画像の上にカーソルを合わせるだけで、小さいグラフが表示されるようになるのです。

 

ws000045

 

この小さいグラフを見ることで、売れてる商品なのか、売れてない商品なのかを判断できるのはもちろん、価格の推移や、アマゾン本体の有無も確認できます。

Amaozn本体がいれば、戦う人は少ないと思います。

なので、この小さいグラフでリサーチ対象をぐっと絞ることができます。

 

 

 

ws000046

 

クロームの右上にKeepaのロゴがあるので、クリックすると、上の画像のようなメニューが出てきます。

「オプション」をクリックしてください。

 

ws000047

このような画面が現れるので、下から3番目の

「Amazonの商品の上にマウスを置いた時、価格の履歴グラフを表示する」

こちらを「はい」にしてください。

その横にある、「Setup」をクリックします。

 

 

ws000048

 

これが今回進化した部分ですが、今までは期間の選択ができず、全期間のグラフが表示されていましたが、今回からは期間を選択することができるようになりました。

 

 

Keepaの使用例

 

Keepaを普通に使用していてもいいのですが、より効果的な使い方2つご紹介したいと思います。

 

■US Amazonでの逆引きリサーチ

Keepaは全世界のAmazonに対応しています。

ですので、USでももちろん対応しています。

USAmazonで商品を購入時に、「こんな商品もいかがですか?」というページが表示されますよね?

 

ws000052

大抵関連商品が出てきます。

ここで片っ端から小さいグラフで確認し、売れてそうな商品を日本で探します。

日本にない場合は、新規出品をするという流れですね。

これは僕の鉄板ですw

 

 

■ヨーロッパでの活用法

ヨーロッパのアマゾンで商品を購入するときは、直送がほとんどだと思います。

直送してもらう場合、Amazon本体以外から直送してもらうことはほとんどないですよね。

Amazon本体が売ってるのか確認する為に、カタログページに行くのは面倒・・・

こんな時はKeepaです。

 

ws000054

 

例えば、Disney ショーケースコレクションシリーズをリサーチしていたとします。

どの商品はAmazon本体が販売していて、どの商品はAmaoznが販売していないのかわかりません。

そういう時に、この小さいグラフがあれば、オレンジ色に輝いているグラフはAamzonなので、リサーチ対象にするのかどうかが、一目瞭然です。

 

 

他にも活用法はいろいろとあると思います。

僕はこの方法でリサーチ時間を半分以下にすることに成功しました。

 

 

 

Keepaのアラート機能

 

Keepaにはもう一つ面白い機能があります。

CamelCamelCamelでおなじみ、アラート機能です。

$〇〇になったら知らせてくれる機能です。

 

ws000055

 

グラフの上の方にタブがあります。

そのタブの中の「商品のトラッキング」を選択してください。

後は価格を決めて、メールアドレスを入力するだけで、その価格になればお知らせが来ます。

しかも、メールやツイッター、Facebookで知らせてくれます。

モノレートだけでなく、CamelCamelCamelの機能も搭載されています。

 

 

まとめ

 

拡張機能はものすごく便利という反面、ものすごく重いという側面があります。

仕事の効率化のために入れている拡張機能が、入れすぎて重くなってしまい、仕事の効率を悪くしてしまっているパターンがあります。

グーグルクロームは軽いと評判ですが、タブをたくさん開くと、めちゃくちゃ重くなります。

拡張機能はすごく便利ですが、入れる内容と量をしっかりと考え、作業をよりスピーディーにこなしてみてください。

 

 

 
本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
人気ブログランキングに参加しています。

ポチっと応援いただけるとすごくうれしいです。


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

 

PS.10月より、コンサルティングを3名募集しています。

特典もかなり充実したコンテンツばかりですので、ご興味のある方はご一報ください。

また、ご質問など随時受け付けております。

「お問合せ」から気軽にご質問ください。

コンサル詳細はこちらです。