9月度結果発表!!


8月にAmazonのアカウントが閉鎖し、閉鎖後1ヶ月目の発表です。

一度アカウントが閉鎖すると、売上げ高、利益額にどれほど影響するのかを、皆さんにシェアしたいと思います。

 

 

閉鎖前の結果

 

まずは閉鎖前の結果がどの程度あったのかをご覧くだい。

 

売上高:2,809,640円

利益額:644,172円

利益率:22.93%

 

この数字が閉鎖前の7月の数字です。

7月はボーナス月でもあり、商品の売れ行きが非常にいい月でした。

閉鎖した日にちは、8月15日です。

計算がかなり複雑になった為、結果発表はしませんでした。

しかし、かなり経費が嵩み、最終的に残ったお金は、約15万円ほです。

これは「MacBookPro」を購入したのがすごく大きな要因です。

 

 

 

9月の結果

 

それでは9月の結果発表に参りたいと思います。

閉鎖後3ヶ月間は売上を伸ばし過ぎてしまうと、危険ということ聞いたことがあります。

僕のアカウントは人の目が入った瞬間に閉鎖に至るアカウントです・・・

今は売上を伸ばし過ぎないよう、仕入れも抑えながら取り組んでいます。

 

■期首在庫 200品

■期末在庫 436品

■売上高 1,376,007円

■売上原価 741,918円

■利益額 404,714円

■売上高利益率 29.41%

■投下資本利益率 54.55%

 

このような結果になっています。

数字的に見ると、投下資本利益率が50%を超えていて、非常に成績はいいように感じます。

しかし、この数字はなぜここまでいいのかというと、それなりの理由があります。

閉鎖後に、在庫の8割を知り合いの方に購入していただきました。

利益率が良く、売れ行きもいい商品に関しては、すぐに復帰できるように自分ように残していました。

閉鎖後にそれらの商品が残った為、すごく数字がなりました。

 

 

 

閉鎖後に意識したこと

 

■売上を意図的に下げた

上記で揚げた理由から、3ヶ月間はAmazonでの売上を作れないので、ヤフオクとメルカリでの販売に力を入れました。

ヤフオク、メルカリは非常に面倒ですが、意外と売れるので面倒臭がらずに販売していこうと思えました。

 

■リサーチが慎重になった

米国Amaznoでの購入の際に、FBAセラーからの購入をするときは、必ずネットで調べるようになりました。

そのセラーがショップやメーカーの場合は購入しますが、一般人の場合、危険なので仕入れをしないようにしています。

 

■検品が丁寧になった

梱包時に多少の箱潰れがあったりするのですが、それらに対して非常に厳しく精査するようになりました。

また、商品に対して知識がないものを仕入れていたりもしましたが、閉鎖後はできる限り商品知識をつけるようになりました。

 

 

 

今後の目標

 

■作業的な目標

とりあえず11月まではあまり売上を立てることができません。

ヤフオクとメルカリを今以上に強化し、ヤフーショッピングへの出品にも力を入れていきたいと思っています。

また、コンサル業務と、コミュニティの運営もあります。

うまく時間配分を考えて、毎日の業務を効率的にこなしていきたいと思っています。

 

 

 

■数値的な目標

 

10月はハロウィン、12月はクリスマスと、これからの季節はイベントがたくさんあります。

売上を上げるチャンスがたくさんあるので、年内までに売上500万円、利益100万円を目指したいです。

その為には、「直取10件・新規出品50件・リサーチ150時間/1ヶ月」これくらいは頑張りたいと思います。

 

 

 

まとめ

 

Amazonのアカウントは閉鎖しましたが、利益40万円は達成しました。

過去の最高月利が65万円なので、30%減です。

11月くらいまではこのくらいの売上、利益をキープし、12月に一気に飛躍していきたいと思っています。

閉鎖は悲劇ではありますが、いろいろなことを考えるきっかけにもなります。

閉鎖してよかったとは言いませんが、閉鎖を経験したことで得られた知識に関しては、よかったと思っています。

 

 
では本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
人気ブログランキングに参加しています。

ポチっと応援いただけるとすごくうれしいです。


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

 

PS.10月より、コンサルティングを3名募集しています。

特典もかなり充実したコンテンツばかりですので、ご興味のある方はご一報ください。

また、ご質問など随時受け付けております。

「お問合せ」から気軽にご質問ください。

コンサル詳細はこちらです。

コメントを残す