ネットの先にいる「人」を意識する


Amazon輸入ビジネスでは、常に一人で仕事をしているかのように錯覚してしまいますが、商品を購入する際も、アメリカから商品を転送する際も、商品が売れた時も、すべて「人」が関わっています。

人がかかわっているのですが、インターネット上のボタン一つで解決してしまう事が多いため、どうしても自分ひとりで行っているように思ってしまいます。

自分の行動のひとつひとつの先に必ず「人」がいることを意識することが、非常に重要になってきます。

また、その行動ができる人は、少ないです。

非常に少数派の、「人」を意識した行動をすることで、「この人にはサービスを丁寧にしよう」と思ってもらえるきっかけになります。

 

僕は今まで、それらをものすごく意識してきました。

というのも、僕自身が「一人で仕事をする」ということに耐えられず、誰かとつながっていたいという気持ちがあるからです。

僕は「人」が本当に好きです。

人とかかわることがすごく楽しいと思っています。

ですので、利害関係を気にせず、相手が業者さんであれ、お客さんであれ、平等に接しているつもりです。

 

例えば、転送会社をMYUSを使っている方はすごく多いと思いますが、僕は商品が届くと、MYUSに連絡をしています。

「今回もすごく丁寧に梱包してくれて、ありがとう」というメッセージや、「いつも助かっています」といったメッセージを送ります。

もちろん、破損等があった場合はその時に連絡をします。

やはり、そのような連絡をくれる人は少ないらしく、MYUSの方からは非常に喜ばれます。

 

またDHLの方や、ゆうパックの方にもしっかりとお礼を言うようにしています。

狙ったわけではありませんが、やはり仲良くなって、いつも礼儀正しくしていると、少し大きい段ボールでも多めに見てくれることも多々あります。

 

FBAの納品時には、綺麗に梱包し、最後に手書きで「いつもありがとうございます」と手紙を入れます。

手紙を入れ忘れた時と、入れたときとでは、納品スピードが格段に違います。

 

最初は自己満のつもりでやっていましたが、そのようにサービスをよくしていただけるところを見ると、相手の方にも喜んでいただけてるのかな、と感じるようになりました。

 

相手はインターネットではありません。

「人」です。

 

普通の仕事をする人には、普通の仕事で返します。

より丁寧な仕事をしてくる人には、より丁寧な仕事で返してくれます。

 

自分を相手の立場に置き換えて考えてみると、当然のことですね。

 

常に「人」がいることを意識して仕事をすることで、すごく楽しく、ワクワクしてきます。

是非実行してみてください。

 
では本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
人気ブログランキングに参加しています。

ポチっと応援いただけるとすごくうれしいです。


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ
PS.

現在コンサルの募集はしていませんが、10月から3名のコンサルを募集予定です。

ありがたいことに、何件かお問合わせをいただいております。

僕のコンサルは、超密着型です。

コンサル募集ページでは1か月に1回のスカイプと書いてありますが、毎週のようにスカイプをしています。

それほど本気で稼いでいただきたいからです。

ですので、誠に勝手ながらこちらでも選考をさせていただいております。

絶対に稼げるようなコンサルを目指していますので、興味のある方は是非ご一報ください。
 

コメントを残す