【基礎知識】超最速で稼ぐ方法 その1

Amazon輸入ビジネスで、超最短で稼ぐ方法をご紹介します。

現実的かどうかは別として、僕が思う超最速の方法です。

一部「それは難しい」という意見もあるかと思います。

ネタだと思って読んでいただければと思います。

 

設定としては、Amazon輸入ビジネスの知識が皆無だとします。

 

まずはサラリーマンをやりながらクレジットカードを複数枚作ります。

トータルで1000万円ほどの枠を用意します。

資金は300万円用意。

そのうち50万円は勉強に使います。

コンサルや本、情報商材等・・・

ここまでで、Amazon輸入ビジネスで稼ぐためのマインドを固めます。

 

これが固まったら、簡単な利益計算ツールを作成します。

その利益計算ツールを活用し、条件を作ります。

例えば、月に〇個以上売れていて、競合〇人以内の商品等。

 

まずは利益額、利益率は除外視します。

この条件をもとに、クラウドワークスなどの仕事依頼サイトにて、リサーチを代行してもらい、どんな商材でもこれに見合った商品を探してもらいます。

これを5~10名にお願いします。

報酬額に関しては、相場を調べてから決めます。

ちなみに、情報の管理はドロップボックスを使用し、同一商品はノーカウントとします。

 

商品リストが数万件たまったら、その商品リストに対して、アメリカや他ネットショップの価格を取得するための、外注を探します。

全ての商品のアメリカアマゾンの価格、最安値ネットショップを記録してもらいます。

 

その商品リストから、ネットショップへの交渉をしてくれる外注を探します。

ここでもいくつかの条件を付けます。

例えば、商品ごとにロット数、価格を指定し、その価格になるように交渉を掛けてもらいます。

こちらは成果報酬型にし、1件当たりの報酬額を大きくしてもいいかもしれませんね。

 

この時点でおそらく購入できる商品が数千件あると思います。

それらの商品をすべて購入します。

ラベルの貼り付け、納品を代行します。

欧米はここまでのシステム化ができればあとは全自動で稼ぐことができます。

 

ここまで来たら、次は中国輸入を始めます。

中国輸入では、相乗りでも稼げますが、商標権を付けることで、参入者を減らしブルーオーシャン的な稼ぎ方ができます。

相乗りに関しては、欧米と同様の方法で自動化します。

 

商標権に関しては、僕自身よくわかっていません。

 

 

ということで、初心者が超最短で稼ぐ方法でした。

 

普通の人はここまで実際に実行することはできませんが、時間をかけてこのようなシステムを構築してしまえば、後は胡坐をかいて座っているだけで稼げます。

いずれはここを目指していくといいかもしれませんね。

 

もう一つ面白い案がありますが、これは後日お話ししたいと思います。

 
では本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
人気ブログランキングに参加しています。

ポチっと応援いただけるとすごくうれしいです。


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ