【心構え】ポジティブになろう

自分でビジネスをされている方のブログや、ビジネス書を読んでいると、たびたび見かける言葉があります。

「ネガティブ発言は絶対にするな」

本当によく目にする言葉ですよね。

僕自身この言葉はかなり信じていて、できる限りネガティブな発言はしないようにしています。

 

輸入ビジネスに関して例を出しますと、「自分には時間がないから難しい」や「英語が苦手だから自分には難しい」等。

始める前から逃げ道ばかり探している方。

たくさんいますよね。

 

まずは、時間がないから難しいと思う前に時間を作る方法がないかを模索する必要がありますよね。

僕は副業時代に、通勤をあわせると朝8時~夜1時半まで仕事をしていました。

休憩は1時間取れればラッキーという状況です。

休みは月に6日~7日。

この状態で、月利20万円を達成しています。

はたから見ると、こんな状況でいつ時間を割いたの?と思われるかもしれません。

実はすごく恥ずかしい話ですが、電車の中でパソコンを開いてリサーチをしていました。

休憩がある日は、会社にパソコンを持ち込んで休憩中にリサーチ。

家についてから30分~1時間リサーチ。

休みの日は朝から晩までリサーチ。

考えてみるとたくさん時間があることに気づくと思います。

 

ではこのモチベーションの違いは何だと思いますか?

 

「本気で稼ぎたいと思っているのかどうか」

 

これに尽きます。

 

うだうだ言い訳をする人は、そこまで稼ごうとも思っていないし、現状に満足している。

ただ、会社に対しての不満もたくさんある。

できれば楽して稼ぎたいなんても考えている。

このような方はビジネスをするべきではないと思います。

そもそもビジネスをしても稼げません。

 

すごく重要な話ですが、輸入ビジネスにせよ、アフィリエイトにせよ(僕はアフィリエイトをやっていないので、よくわかりませんが)、情報商材にせよ、比較的簡単に稼げるといわれている、インターネットビジネスですが、生活できるくらいまで稼ぐには、相当な労力と努力が必要になります。

その労力と努力の先に「楽」があるのです。

現時点でかなり稼がれている方はたくさんおります。

中には「簡単に稼げます」と謳っている方もいます。

 

勘違いしてはいけません。

 

ビジネスは簡単ではありません。

 

少し話がそれてしまいましたが、ビジネスをするうえで「ポジティブ思考」が大切といわれますが、「大切」ではなく、ポジティブ思考だからこそ稼いでいるのです。

ポジティブになるには、まずは「本気で稼ごう」と思ってください。

ただ、つらい道のりが待っていますので、「本気で稼ごう」と暗示をかけても、そう簡単には本気になれません。

僕は本気になるために、退社の日を先に決めました。

ですので、常に「焦り」が僕の周りを憑きまとっていました。

しかし、これは僕には失うものがなかったからできたことです。

家庭がある方など、同じことは絶対にできません。

ひたすら暗示をかけるしかないですねw

 

「ポジティブ」の話に戻りますが、中には「ポジティブ」をはき違えて理解されている方もいますね。

 

失敗をしてしまったときに、「自分はこういう部分があるけど、他でカバーできるから大丈夫!!テヘッ」みたいな方・・・

 

それはポジティブでも何でもなく、単に現実逃避です。

 

失敗をしたときに、失敗で終わらせないことが大切だと思いますが、向き合わないのはちょっと違うかな、と思いますね。

失敗としっかり向き合って、どうしてその失敗をしてしまったのか、自分なりにしっかり分析し反省するところまでやれば、次回同じ失敗をする確率が減ります。

この失敗はビジネスをするうえですごく貴重な失敗体験になります。

この失敗体験を重ねることで、最終的に稼げるようになれば、その失敗ありき成功と思えると思います。

 

ただ上記の例でいうと、失敗をしたことから現実逃避をしているだけなので、次も同じことを繰り返す確率がすごく高いです。

一概には決めつけられませんが、同じ失敗を何度も繰り返すことは、最終的に「失敗」で終わってしまう可能性が高いです。

 

 

 

 

◆まとめ

「ビジネスで食べていくには、本気になり、マイナスから逃げるな」

 

ということで、本当に偉そうなことをごちゃごちゃ語ってしまってすみません。

ブログには常に、僕の「今」を残していきたいので、このような生意気なことをたくさん書くかもしれませんが、暖かい目で見守っていただけると幸いです。

 
では本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
人気ブログランキングに参加しています。

ポチっと応援いただけるとすごくうれしいです。

輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ