ビジネスをするうえで絶対に欠かせないマインド!!


自分でビジネスをしていくうえで絶対に欠かせないことが一つあります。

※すみません。僕が一番大切にしていることです。もしかしたら、違うという意見もあるかもしれませんが、暖かい気持ちで読んでいただけると幸いです。

 

みなさん一番大切にしていることは何ですか?

 

もちろん人それぞれ考え方はあると思います。

今まで生きてきた環境も違えば、親の教えもまったく違うと思います。

僕は昔から結構好きに生きさせてもらいました。

親にどうのこうの言われずに生きてきています。

 

受験勉強も一切やらず、高卒で就職しています。

 

このような生き方は、観る人によっては、「甘ちゃん」や、「ゆとり」と思われるかもしれません。

確かに僕は甘ちゃんで、ゆとり世代です。

そんなゆとり世代に生まれ、まったく努力をしない人生を生きてきて、当然ブランクがやってきました。

それが、「就職」です。

 

自分がどれだけ甘ちゃんで、どれだけゆとり世代の人間なのか、ということが本当によくわかりました。

そこで、自分なりにいろいろと改善してきました。

本当にたくさん勉強して来ました。

 

いろいろな人に会い、話を聞かせてもらい、たくさんの本を読んで勉強してきました。

まだまだ知らない世界もたくさんあるし、これからも勉強は続けていきます。

 

 

でも、今このように振り返ると、すごく勉強してきたなぁと感じるのですが、当時の自分は果たして勉強をするために努力をしていたのでしょうか?

この答えはNOです。

当時は知らないことを知ることが楽しくて楽しくて、夢中になっていたと思います。

 

実はこれこそが、ビジネスをするうえですごく重要なポイントだと思っています。

 

「楽しむ」

 

「楽しむ」ということが、本当に重要だと思っています。

しかし、毎日同じ作業をしてるのにどうやって楽しむの?

という質問があるかもしれません。

「楽しむ」というのは、実はすごく難しいようで、意識の向け方ですごく簡単にかわります。

 

リサーチ一つとっても、楽しみ方は無数にあります。

毎日リサーチをしていると、だんだん飽きてきます。

なぜ飽きると思いますか?

刺激が少ないからです。

では刺激を与えてみると、どうでしょうか?

 

例えば、1時間という時間に何商品リサーチできるのか?

まずは試しに計ってみます。

そうすると、1時間のうちに150件ほどリサーチしていることが分かります。

では次は160件リサーチしてみよう。

など、随所随所で目標を設定してみてください。

驚くほど仕事が楽しくなりますよ。

 

このように例をだしても、実際にリサーチが楽しくなる人はたぶん少ないと思います。

 

 

 

まず、なぜ日本人は仕事を楽しめないのか考察してみました。

 

日本は小学校、中学校と、9年間は義務教育として勉強をしています。

その後、高校に進学するのが当たり前になっていて、夢がなければ取りあえず大学、専門学校に行く。

やりたいことがないのに、受験するためにいやいや勉強をする。

やりたいことがないのに、取りあえず進学校に行く為に、勉強をする。

 

という流れができてしまっています。

まず、大学とは、自分探しの為、夢がないから行くのではなく、夢があって、やりたいことが明確だからこそ大学、専門学校に行くべきなんですよね。

 

それなのに、とりあえず進学しとけばいいやという世間の風潮。

そのためには嫌いな勉強をしなければいけない。

これがまず仕事を楽しめないマインドの始まりだと思っています。

 

そもそも「勉強」というのは、楽しいと思えることに対しての知識を深める為にするものです。

しかし、ある程度の知識がないと、どんな世界が広がっているのかわからないので、自分が「楽しい」と思えるものと出会うことがすごく難しいのです。

当然、「坂本竜馬という人間がいた」、という知識がなければ、坂本龍馬に興味を持つことさえないと思います。

自分が選択するための、最低限の知識を「義務教育」で教えてくれます。

おそらく、これが本来のあるべき姿なんでしょうね。

 

しかし、やりたいことがない、目標がないのに勉強をする。

学校の勉強をせずにバンドに集中していると、親に怒られる。

勉強をせずにプラモデルをやっていると怒られる。

せっかくやりたいことが早い段階で見つかっているのに、抑制されてしまう。

やりたいこともやれずに大学に進学。

やりたいことはあったが、世間の流れに合わせていたら、いつの間にか夢がなくなっていた。

夢がなくなった状態で、とりあえず給料のいい会社に就職。

やりたい仕事ではないが、取りあえずこなしていれば給料がもらえる。

 

どうでしょうか?

おそらく、これが今の日本の常識です。

 

しかし、僕の家は非常識でした。

これの正反対でした。

やりたいことを本当に自由にやらせてもらいましたし、勉強をしなくても怒られませんでした。

悪いことをすれば当然怒られますけど・・・

 

 

 

このような生き方をしてきたので、僕は「楽しむ」ということが非常に重要だと思っています。

何事も、「楽しんで、夢中になる」ということが重要で、夢中になると周りがびっくりするくらい作業をするようになります。

他の人の倍働いても、夢中で楽しいことをやっているので、いやいややっている人のほうが倍疲労感を感じます。

 

価値観が違えば、なかなか「楽しむ」ということは難しいのですが、是非視点をほんの少しずらして、仕事を楽しんでみてください。

 

偉そうなことを言ってしまってすみません。

もし反対意見や、ここは違うだろという意見があれば、ご連絡ください。

 

 
では本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
人気ブログランキングに参加しています。

ポチっと応援いただけるとすごくうれしいです。

輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

 

 

PS.

7月中のコンサルは締め切らせていただきます。

今月までのお申込みの方まで現在の価格にてコンサルをさせていただきますが、来月以降値上げを考えています。

もしご興味のある方はお問い合わせください。

初回無料でスカイプ相談も承っています。
 

3 Comments

  • Tomo より:

    kikurinさんらしい考え方ですね(^-^)
    そういえば勉強会の時も始終楽しそうだったし、ニコニコしてたもんね笑
    kikurinさんと話していると「楽しい」って大事だな~って思うんだけど
    忙しくなってくるとつい楽しさを忘れてしまうことが…笑
    気を付けないといけませんね。

    私の場合は仕事でも何でも一番大切にしているのが
    「人の役に立つ」ってことかな(*´▽`*)
    人によっては「責任を果たす」だったり
    他の意見も色々とありそうですよね。
    こういう話題は深いからみんなに意見を聞いてみたくなる( *´艸`)

  • kikurin87 より:

    Tomoさん、コメントありがとうございます。
    忙しくなってくると、使命感や焦燥感を抱いてしまいますよね。
    でも普段から「楽しい」と思って仕事をしていると、忙しいと感じることがなくなりますよ!
    Tomoさんの「人の役に立つ」というのは本当に素晴らしいと思います。
    Tomoさんの人間らしさが出ている言葉だと思いました。

    僕の中では、人の役に立つ→頼りにされる→すごくうれしい→「楽しい」という構成図ができています。
    たぶんこれは人それぞれ違う部分だと思います。
    貴重なコメントをいただき、ありがとうございます。
    いつか語りあかしましょう(‘◇’)

    • kikurin87 より:

      Tomoさん、コメントありがとうございます。
      忙しくなってくると、使命感や焦燥感を抱いてしまいますよね。
      でも普段から「楽しい」と思って仕事をしていると、忙しいと感じることがなくなりますよ!
      Tomoさんの「人の役に立つ」というのは本当に素晴らしいと思います。
      Tomoさんの人間らしさが出ている言葉だと思いました。

      僕の中では、人の役に立つ→頼りにされる→すごくうれしい→「楽しい」という構成図ができています。
      たぶんこれは人それぞれ違う部分だと思います。
      貴重なコメントをいただき、ありがとうございます。
      いつか語りあかしましょう(‘◇’)

コメントを残す