エクセルを使いこなそう Part2


先日の記事で、エクセルの関数や数式を使うことで、簡単に計算できるというお話をしました。

今日は実際に関数を利用して利益計算ソフトを作ってみたいと思います。

(所要時間 約5分)

 

 

 

まずは完成形からお見せします。

WS000143

 

まったく利益は出ませんが、簡単に作ってみました。

この利益計算ソフトを使うと、販売価格を変えるだけでFBA手数料も自動で変動してくれる仕組みになっています。

また、為替レートも各国追加可能です。

 

 

WS000147

 

実際に入力する箇所は、オレンジの部分です。

 

ちなみに、画像はドラックで簡単に挿入することができます。

 

為替レートはこちらの記事でご説明しています。

別のシートで↑をやっていただき、表示したいセルを選択→「=」と入力し、為替レートをクリックすれば表示されます。

 

では一気に全ての式を書いていきたいと思います。

 

「手数料」→=J6-((F6-G6)*K6)

「送料など」→=J6-(F6*K6)

「利益」→=IF(R6=”us”,G6-(H6*$O$3)-(N6*$J$3*1.0163)-((N6*$J$3)*0.12)-(L6+M6),IF(R6=”UK”,G6-(H6*$O$3)-(N6*$J$2*1.0163)-((N6*$J$3)*0.12)-(L6+M6),””))

「利益率」→=IF(O6=””,””,O6/G6)

 

手数料は=J6-((F6-G6)*K6)

手打ちでJ6にFBA手数料の合計を入力してます。

そこから、価格-想定売価をします。

価格差×カテゴリ成約料-FBA手数料=価格変動した際のFBA手数料

 

送料はそのままですね。

利益率に昨日の記事でご紹介した、「=IF(O6=””,””,」が入っています。

これを入れることで視覚的にもすっきりします。

 

問題は利益の部分です。

ここには、「アメリカで購入した場合」と、「イギリスで購入した場合」の二つのIFが入っています。

まずはアメリカの場合

=IF(R6=”us”,G6-(H6*$O$3)-(N6*$J$3*1.0163)-((N6*$J$3)*0.12)-(L6+M6),

R6が「us」と記入されている場合、(H6*$O$3)-(N6*$J$3*1.0163)-((N6*$J$3)*0.12)-(L6+M6)の計算をします。

 

(H6*$O$3)=重量×転送量(この表では1キロ1200円で計算しています。)

(N6*$J$3*1.0163)=価格×為替レート×カード会社の為替手数料1.63%

(N6*$J$3)*0.12)=関税消費税(約12%)

(L6+M6)=アマゾン手数料

 

 

IF(R6=”UK”,G6-(H6*$O$3)-(N6*$J$2*1.0163)-((N6*$J$3)*0.12)-(L6+M6),””))

こちらは、R6に「uk」と記入された場合、以下の計算をします。

若し違う場合は「””」を入力します。という式です。

 

これらを入力することで、簡単に計算するだけでなく、為替変動、価格変動に対応した計算ソフトが完成しました。

 

 

是非オリジナルの計算ソフトを作ってみてください。

 

もしこのエクセルがほしい場合は僕に連絡してください。

そのままお渡しすることが可能です。

 

では本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
人気ブログランキングに参加しています。

ポチっと応援いただけるとすごくうれしいです。

輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

 

 

PS.

7月中のコンサルですが、締め切らせていただきます。

今月までのお申込みで現在の価格にてコンサルをさせていただきますが、来月以降値上げを考えています。

もしご興味のある方はお問い合わせください。

初回無料でスカイプも可能です。
 

コメントを残す