【MYUS】転送依頼方法 2016年版 Amazon輸入初心者

MYUSでは、荷物を転送するときにたくさんの「オプション」を付けることができます。

最初のうちは、英語表記にも慣れないので、なにがなんのオプションかよくわかりません。

 

今日は、MYUSの転送オプションについて解説したいと思います。

 

まずはMYUSにログインします。

価格などをしっかり入力し、すべての商品を「Redy to Send」になるようにしてください。

 

右側の「CREATE SHIP REQUEST」をクリックしてください。

WS000080

クリックしますと、オプション選択画面が現れます。

WS000081

一番上は、AMEXの割引が適用になっています。ということです。

 

Shipping Method 輸送方法の選択

Least Expensive Option→最も早い配送方法。

おそらく、大体の人はこれを選択すると思うのですが、僕は個人的にDHLの担当の方と仲がいいので、DHLで出荷してもらっています。

 

Packing Option

Fragile stickers ( $2.00 ) → 「こわれもの」シール

丁寧に扱ってくれる?と思います。

 

Extra padding ( $5.00 ) → プチプチ追加

気持ち多くなります。僕は常につけているので、付けていない場合との比較ができていません。

 

Discard Shoe Boxes → 靴箱を捨てる

靴等、かさばる箱を捨てる。

 

Special Instructions → 特別な指示

何かある場合はこちらに入力

 

Ship in Original Boxes → 元の段ボールも一緒に入れる。

「壊れ物シール」「プチプチ追加」よりも断然こっちのほうがきれいな状態で届きます。

僕は1度MYUSのミスでこのオプションがついたのですが、箱つぶれ等一切なく感動しました。

ただ!

送料がバカ高くなります。

 

Max weight per box/Multi-piece shipment(MPS) → 最大積載量指定

箱の量が増えてもいい場合は、指定したほうがいいかもしれません。

 

 

 

Shipping Preferences 輸送設定

Insurance → 保険

$100につき$2の保険料がかかります。

$100までは無料です。

正直やり取りが面倒なので、つけなくてもいいかもしれません。

 

Urgent Handling → 直ぐ出荷!

曜日によって手数料が変わるみたいです。

 

Add pallet for shipment ( $25.00 ) →  パレットを追加

大型商品を購入した場合はいいかもしれません。

 

 

Export Documentation 輸送書類

Mark for “For Personal Use Only” 個人使用目的のステッカー

個人使用目的ではないので、チェックしないでください。

 

Include Printed Proforma Invoice 見積送り状を入れる。

この商品はこの価格で出荷しましたよ。という書類です。

税関で必要なものでもないので、個人的にほしければ入れてもらいましょう。

(無料です)

Historyからこの書類はダウンロードすることが可能です。

 

 

一通りチェックが終わったら「SHIP NOW」を押してください。

WS000082

ラストの発送目安の料金はあくまで目安です。

この価格から変動することもありますので、ご注意ください。

 

一番最初に送るときは結構ドキドキします。

僕も最初はかなりびくびくしながらやった記憶があります。

 

 

では本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

人気ブログランキングに参加しています。

ポチっと応援いただけるとすごくうれしいです。

輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ