【フルフィルメントアマゾン】受け取って気持ちのいい評価依頼メールの作成方法

Amazonで購入するときに、重要視するポイントはどこですか?

 

僕は「評価」を結構重要視します。

評価がいい=対応がいい、不良品が少ない。というイメージがありますからね。

 

評判のいいセラーというのは、Amazon側でも大切に扱われています。

というのも、Amazonというブランドを掲げて販売させてもらっていますので、販売者がひどい対応をとったり、不良品を販売したり、海賊版を販売すると、Amazonというブランドに傷がつきます。

自社ブランドの名前の評判を維持してくれるセラーさんがひいきされるのは当然ですね。

 

ひいきされるということは、Amazonで販売する際に「カート獲得率」が高くなる場合があります。

Amazonはカート獲得率のアルゴリズムを公開してはいません。

個人的な見解ですが、評価数が増えるほどカート獲得率が上がっている気がします。

 

しかし、ただ単に販売していてもなかなか評価を付けてくれません。

 

例えば、レストランに食べに行ったとします。

料理もサービスもそこそこよかった場合、わざわざ食べログで「よかったです」と評価しますか?

これが「感動した」という場合はもちろん評価は付けるかもしれません。

 

では逆に、料理がまずかった、サービスが適当だった。

この場合、率先して評価を付けると思うんですよ。

悪い事に関しては積極的に評価するけど、いいことにはそこまで積極的ではない。

いかにも日本人らしいですね。

 

Amazonでも同じことが言えます。

 

では、どうすればいいのか?

良い評価を付けてもらうには、「感動してもらう」必要があります。

ただ、Amazonの素晴らしい配送システムにより、発送スピードに感動して評価を付けてくださる方もいらっしゃいます。

でもこれだけだと、約30商品の販売に対して1評価もらえるかもらえないか、くらいの割合です。

 

ではどうやって評価数を稼ぐのか?(感動してもらうのか?)

・おまけをつける

・アフターフォローをする

・感謝の気持ちを綴る

僕が思いつく限りですと、この3つが比較的簡単かな。と思います。

 

その中でも簡単に取り組むことができるのが、3つ目の、「感謝の気持ちを綴る」だと思います。

機械的にやらなければ手が回らないのはもちろんですが、機械的に見せない努力をすると尚いいのではないかと思います。

評価依頼を送ると、10商品に1回ほどの割合で評価をいただけるようになります。

※割合には個人差があります。

 

 

◆評価以来メールの送り方

 

セラーセントラルにログイン。

WS000070

「注文」タブから、「注文管理」を選択。

注文管理画面に行くと、注文IDや、商品名、注文者の名前などが日付順で並んでいます。

その中の、「注文者」をクリック。

 

メッセージ入力画面に行きますので、件名を「評価リクエスト」にします。

 

メッセージ欄に感謝の気持ちや、評価のやり方を入力して送信。

たったこれだけで完了です。

WS000071

ちなみに、僕はこのような内容の評価依頼メールを送っています。

購入者は、このようなメールがたくさん送られてきます。

送られてきた相手が不快に思わない内容を目指してください。

 

上記はほんの一例です。

是非気持ちをタップリ込めた「評価依頼テンプレート」を作成してみてください。

 

 

では本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

人気ブログランキングに参加しています。

ポチっと応援いただけるとすごくうれしいです。

輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ