【直取り】Amazon輸入直接取引交渉 ~eBay編~

Amazon輸入ビジネスでは、稼ぐ方法はたくさんあります。

 

月間利益30万円までは小売り仕入で普通に達成できる数字だと思います。

30万円を超えたあたりから、利益を伸ばすには大きく分けて3パターンあります。

 

1.直接取引

2.外注

3.新規出品登録

 

最終的にはすべてやることにはなると思いますが、まずは焦らずに、自分のキャパシティに合った内容で進めていくのがいいかもしれません。

今日は、この中の「直取」でも特に簡単といわれる、ebayでの値下げ方法を紹介したいと思います。

 

ちなみに、僕はこの方法で失敗したことがありません。

うまくいけば、次の仕入れにつなげられる方法です。

 

 

まずは、ebayで普通にリサーチを行います。

たまに、中国人セラーが販売していることがあります。

見分け方は、以下の画像をご参照ください。

WS000067

「item location」がChinaの場合、中国から発送します。という意味です。

 

このような商品を見つけたら、そのままでも利益が出ることがあるのですが、必ずセラーさんに連絡をします。

 

 

「私は日本人です。日本への発送は可能ですか?」

このように質問をすると、大抵無料で配送してくれます。

それもそのはず。

中国人からしたら、アメリカよりも日本への発送のほうが安いため、日本へ送料無料で届けてくれることが多いです。

 

その後、「この商品をたくさん購入したいのですが、値下げしてくれますか?」と交渉を掛けます。

おそらく相手からは、「どのくらい購入しますか?」と返事が来ます。

そこで、モノレートと競合数と相談し、個数をつたえます。

 

やり方はこれだけですが、ほぼ100%成功します。

 

 

ちなみに中国人とのやりとりの場合、注意点があります。

商品はリテールボックスに入っているのか、配送速度はどのくらいか、セラーさんの評価はどのくらいかをチェックしてください。

まずは最初の購入数を1個にして、そのセラーさんが信用できるのかを確認します。

もし問題なく購入できた場合、ペイパルに登録されたメールアドレスに直接メールをして交渉することで、さらに値下げしてくれることがあります。

 

まだ値下げ交渉したことのない方は是非挑戦してみてください。
では本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援していただけるとすごくうれしいです。

輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ