【セラーセントラル】活用しよう!Amazon輸入で売上向上!

FBAセラーセントラルはデータの取得、分析を全自動で行ってくれる、優れものです。

 

トランザクションと在庫管理画面だけみて終わり。

なんてもったいないことはしていませんよね!!

 

今日はセラーセントラルの数あるレポートの中でも、特に

便利且つ、売上アップにつながる機能をご説明します。

 

 

 

◆返品レポート

Amazonからたまに商品が返送されてきますよね。

返送される理由はいくつかあります。

 

・お客様からの返品(再販不可)

・箱の損傷等により、Amazonスペシャリストに指定コンディションでの販売が難しいと判断された商品

・返送指示を出した商品

 

一番多いのが、「お客様からの返品」だと思います。

返送されてくると、Amazonスペシャリストが記入したであろう、メモ紙が貼り付けられています。

しかし、返品理由が簡易的過ぎてどこが不良品なのかわからない。

不良個所がわからないので、再販できるか判断するまで時間がかかります。

 

そんなときに便利なのが、「返品レポート」!!!

お客様から返品された商品の返品理由の詳細を見ることができます。

 

WS000049

アマゾンセラーセントラル→レポート→フルフィルメント→返品レポート

初期設定では、レポート期間が「前日」になっていますので、期間を選択してください。

 

 

◆商品別 売上・トラフィック

 

こちらでは、カート獲得率や、ページビュー、セッション(商品ページに訪れた人の数)、ユニットセッション率(商品を閲覧した人の数に対しての、売行き)などを、商品毎に表示してくれます。

 

なかなか売れない商品があった場合、その商品が売れない理由を探ることができます。

その逆も当てはまります。

売れる商品がある場合、売れる理由を探ることができます。

 

ページビューが高く、ユニットセッション率が低い場合、お客様に関心を持ってもらうことはできているが、購入に至っていないことが分かります。

このことから、商品価格設定が高い可能性があると判断することができますね。

 

セッション(閲覧した人数)よりもページビュー(閲覧数)が多い場合、1人のお客様が何度も来訪していることが分かります。

ではなぜ何度も来訪しているのか?

 

これらを分析するための素晴らしいデータです。

 

WS000050

 

 

 

◆売上トラフィック

 

こちらは商品全体の売り上げ推移をグラフに表したものです。

たくさんの項目があり、それらをグラフ追加したり、解除したり、自由にカスタマイズをすることができます。

期間も最大3年ほど指定できるので、実際に売り上げは右肩上がりで伸びているのかを確認することができます。

 

3年分のデーターがありますので、季節ごとの売り上げの傾向を見ることができます。

WS000051 WS000052

毎日見るようなものではありませんが、定期的にみて分析するといいかもしれませんね。

 

以上で特に便利なレポート3種類でした。

こちらのレポートを最大限活用することで、おおきな売上アップにつながるのではないでしょうか?

 

是非ご活用ください。

 

 

では本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

人気ブログランキングに参加しています。

ポチっと応援いただけるとすごくうれしいです。

輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ